CTC、Windows Server 2012 Hyper-V対応プライベートクラウド提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CTC、Windows Server 2012 Hyper-V対応プライベートクラウド提供


掲載日:2013/03/07


News

 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC)は、マイクロソフト社の仮想化ソフトウェアの新バージョン「Microsoft Windows Server 2012 Hyper-V」に対応し、統合システム運用/管理ソフトウェア「Microsoft System Center 2012 SP1」と組み合わせたプライベートクラウド基盤「VM Pool Hyper-V 2012」の提供を開始した。

 「VM Pool」は、サーバやDB、アプリケーションといったコンポーネントを事前検証済みのハードウェア/ミドルウェアの組み合わせで構成し、設計ポイントを含めシステム構成をテンプレート化して、IT統合基盤を迅速に提供するソリューション。

 今回提供される「VM Pool Hyper-V 2012」は、マイクロソフト社製品のサーバ仮想化に適した仮想化ソフトウェア/サーバ/ストレージを組み合わせた仮想化統合インフラで、システム設計/構築や仮想化環境の管理を容易に行なえ、導入期間も短縮できる。

 対応サーバはHP ProLiantシリーズとCisco UCSシリーズで、対応ストレージはEMC VNXシリーズとNetApp FASシリーズ。運用/管理機能として、仮想化構成管理ソフトウェア「System Center 2012 SP1 Virtual Machine Manager」や、ITインフラ全体の監視ソフトウェア「System Center 2012 SP1 Operation Manager」、ITプロセスの自動化支援ソフトウェア「System Center 2012 SP1 Orchestrator」が利用可能な状態で提供される。オプションで、ITインフラ全体のバックアップソフトウェア「System Center 2012 SP1 Data Protection Manager」や、対象システムのパッチ管理ソフトウェア「System Center 2012 SP1 Configuration Manager」も提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045311


IT・IT製品TOP > データセンター > プライベートクラウド > プライベートクラウドのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ