NRI、“顔パス”決済を可能にするプロトタイプシステムを開発

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NRI、“顔パス”決済を可能にするプロトタイプシステムを開発


掲載日:2013/03/07


News

 株式会社野村総合研究所(NRI)は、スマートデバイスを活用して、1人ひとりの顧客に合わせた接客や“顔パス”決済を可能にする、「顔なじみ」プラットフォームのプロトタイプシステムを開発したと発表した。

 「顔なじみ」プラットフォームは、顧客の来店予定を事前に察知し、接客サービスを向上させたり、現金やクレジットカードを出さずに、商品購入やサービス利用ができる、いわゆる“顔パス”決済が行える仕組み。ほかにも自社の他店を含む購買履歴や、嗜好などの情報を、来店時の接客サービスに活かすことができるとしている。

 顧客にとっては、現金やクレジットカードを財布から出さずにスマート決済ができるほか、店舗が発行したクーポンやポイントプログラムのカード類を持ち歩かなくても、スマートデバイスで受信・確認できるので、特典を有効に利用できる。

 店舗にとっては、来店予定の顧客(会員)の情報を事前に把握できることで、1人ひとりに合わせたサービスの準備ができ、気配りのある接客サービスができる。また、現金やカード、レシートのやり取りが“顔パス”決済によりなくなるため、決済処理が円滑に行なえ、レジの締め処理などの効率化も期待できる。

 NRIでは、「顔なじみ」プラットフォームの実証実験に、賛同・協力が得られる企業を募集している。今後約1年間かけて5社程度の企業と共同でマーケティング効果を検証し、企業の既存の情報システムやマーケティング施策と連携することで、本格的なサービスとして提供していくことを目指す。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ある半導体製造企業が「マシンデータ分析」で製造プロセスを大きく改善 【Splunk Services Japan】 EU「一般データ保護規則」(GDPR)対策の遅れを短期間で取り戻す方法 【Splunk Services Japan】 ビッグデータ活用ガイド:50種類以上のデータごとに活用事例を解説 【Splunk Services Japan】 企業が対応すべき「20のセキュリティコントロール」とは? 【Splunk Services Japan】 怖いのは罰金ではなく信頼失墜 GDPRで向き合うべき企業の課題とは 【Splunk Services Japan】
プロジェクト管理 統合ログ管理 ビッグデータ 統合ログ管理 統合ログ管理
ある半導体製造企業が「マシンデータ分析」で製造プロセスを大きく改善 EU「一般データ保護規則」(GDPR)対策の遅れを短期間で取り戻す方法 ビッグデータ活用ガイド:50種類以上のデータごとに活用事例を解説 企業が対応すべき「20のセキュリティコントロール」とは? 施行が迫るEU版個人情報保護法「GDPR」。残された時間でGDPRが求める高いレベルの個人情報保護を実現する方法はあるのか。企業の課題となるポイントを解説する。
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045297



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ