採用:ゲオ、リプロ電子のデータ消去ソフト「Re-secure」を導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:ゲオ、リプロ電子のデータ消去ソフト「Re-secure」を導入


掲載日:2013/03/06


News

 リプロ電子株式会社は、同社が運営する中古携帯電話・スマートフォンのデータ消去から下取・買取までを行なうトータルソリューションシステム「Re-secure」が、株式会社ゲオ運営の複合メディア“ゲオショップ”各店舗及び宅配買取専門“Smarket”へ導入されたことを発表した。

 「Re-secure」は、携帯電話端末・スマートフォンのオールリセット機能では消去しきれない顧客情報の消去、回収からリサイクルまでを一括で行なうことが可能なトータルソリューションシステム。

 通信デバイスに入っているデータ領域に対してランダムなデータを上書きしてしまうことで、個人情報を消去する。携帯電話から、Androidスマートフォン・タブレット、iPhone・iPadなど様々な機器の個人情報消去が可能となっている。

 ゲオでは、同システムのデータ消去の迅速さと正確さ、回収までの確実なソリューション性などを評価し、携帯電話・スマートフォン用データ消去ソフトとして採用したとしている。また、様々な端末に対応していること、アップデートで新端末にも素早く対応できること、実際のオペレーションが簡単なことも決め手となったと伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の製品

接続先ネットワークの制限/デバイスの利用禁止 秘文 Device Control 【日立ソリューションズ】 超高速秘密分散ソリューション 「SYMPROBUS Divide API」 【アクモス】
その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連
デバイスやWi-Fiの利用を制限し、エンドポイントからの情報漏洩を防止。
スマートフォン、USBメモリなど様々なデバイスの利用を制限。
Wi-Fi制御、VPN利用の強制機能も搭載。
電子ファイルを解読不能な断片に超高速で分散するクラウドAPIサービス。暗号化とは異なり、断片ファイルが漏えいしても解読は不可能。DR対策や複数人認証にも応用できる。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045281


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ