SBM、気球無線中継システムの実証実験結果について発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SBM、気球無線中継システムの実証実験結果について発表


掲載日:2013/03/05


News

 ソフトバンクモバイル株式会社(SBM)は、災害などで通信障害が発生しているサービスエリアを迅速に復旧させることを目的として、係留気球を利用した臨時無線中継システム(気球無線中継システム)の実証実験を2012年5月より約10ヵ月にわたり実施し、その結果を発表した。

 実証実験の結果、2012年よりシステムの有効性が確認されている、広帯域通信が可能な中継元基地局を移動体通信網へ直接接続する構成に加え、衛星通信回線を介して移動体通信網に接続する構成を新たに構築した。これにより、中継元の基地局に影響があり、通信が確保できない場合も、迅速に通信を復旧できるようになるとしている。また、機動性を高めるために係留気球の大幅な小型軽量化を図るとともに、地上係留装置の簡素化を可能にした。

 同気球無線中継システムでは、3G端末(2.1GHz帯)で音声通話・データ通信が利用できることや、中継元基地局(親機)と気球中継局(子機)で構成されていて、子機を介して移動体通信網と移動局は接続されること、子機と移動機の間のアクセス周波数は2.1GHz帯、帯域幅は5MHz幅であることを実験仕様としたという。

 そのほかに、子機の位置と高度を安定させるために係留気球を用いていることに加えて、気球を扁平型にすることで気球の空中姿勢を安定させている。また、気球の高度(アンテナまでの高さ)は地上約100mとし、サービスエリアは、郊外地において半径3km以上を確保できるほか、親機と子機の間の中継距離は見通しで5km以上確保できるとしている。

 同社では、同実証実験を6月末まで引き続き行なう予定とし、同実証実験を踏まえて、災害時の臨時回線としての利用に備え、気球無線中継システムを全国の主要拠点に配備する予定と伝えている。また、災害時に備え様々な取り組みを実施しており、同気球無線中継システムの開発はそれらの取り組みの一環であるとしている。引き続き、実証実験を通して得たノウハウやデータを活用し、災害時の速やかな通信ネットワークの復旧に努めていくと伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

IT運用をなぜ自動化できないのか? 業務プロセスと解決策とは 【NTTコミュニケーションズ】 訪日客向け、ノウハウ不要で組み込める3種の観光案内機能とは 【駅探】 Hadoopをクラウドで実行すべき5つの理由 【ホートンワークスジャパン】 Hadoopはなぜ必要? 分析アーキテクチャ最適化4つのメリット 【ホートンワークスジャパン】 ビッグデータ時代の分析基盤はリアルタイム分析で好機をつかむ 【ホートンワークスジャパン】
運用系業務アウトソーシング 特定業種向けシステム データ分析ソリューション データ分析ソリューション ビッグデータ
IT運用を自動化できないのはなぜか? 成功に導く業務プロセスの特徴と解決策 訪日客向けビジネスの第一歩、ノウハウ不要で組み込める3種の観光案内機能とは Hadoopをクラウドで実行すべき5つの理由――ビッグデータ分析に向けた基本戦略 Hadoopはなぜ必要か? データ分析アーキテクチャを最適化する4つのメリット 進化が速い「Hadoop」に情シスはどう対応する? 解決の近道とは
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045224



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ