べライゾン、データ漏洩/侵害調査報告書の対象範囲を拡大

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


べライゾン、データ漏洩/侵害調査報告書の対象範囲を拡大


掲載日:2013/03/04


News

 ベライゾンジャパン合同会社は、サイバー犯罪の分析対象をより広範囲に網羅した“ベライゾン2013年度データ漏洩/侵害調査報告書”を近日発表すると公表した。

 同報告書では、DDOS攻撃、ネットワーク侵入、内部からの悪用、エネルギー及び重要インフラセクターへの攻撃といったセキュリティ事象を、2012度版の4倍近い19機関から集約したデータを基に分析している。

 今回同報告書にデータを提供した機関は、CERT Coordination Center、Consortium for Cybersecurity Action、デンマーク国防省サイバーセキュリティセンタ、デンマーク警察NITES、デロイト、電力業界情報共有・分析センター、ヨーロッパサイバー犯罪センター、G-C Partners,LLC、グアルディア・シビル、産業制御システム・サイバー緊急事態対応チーム、マレーシア・コンピュータ緊急事態対応チーム、サイバーセキュリティ・マレーシア、米国サイバーセキュリティ統合センター、ThreatSim、米国コンピュータ緊急事態対策チームとなっている。

 継続してデータ提供した機関は、オーストラリア連邦警察、オランダ国家ハイテク犯罪ユニット、アイルランドレポート及びインフォメーションセキュリティサービス、アメリカ合衆国シークレットサービス、ベライゾンRISKチームである。

 ベライゾンによると、新たなセキュリティ機関が加わったことで、脅威の全容を更に的確にとらえられ、これらのセキュリティ機関による新しい情報は、“適切な場所に適切な防御”の展開を目指す世界中の組織において、重要な役割を果たすとしている。

 データ漏洩/侵害調査報告書への漏洩データ入力には、ベライゾンのVERISフレームワークが使用されている。これは、発生したインシデントケースを統一フォーマットに入力・データ化し、くり返し入力したデータを使用して統計情報が作成できるため、各機関はセキュリティ案件を客観的に分類できるとしている。

 ベライゾンによると、データ漏洩/侵害調査報告書は、今回で6回目の発行で、ベライゾンRISKチームは、2004年からデータを収集し、9年間にわたって分析してきたデータは、データ開示2500以上、侵害記録は12億以上に上るとしている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

今すぐ実践、IT活用とオフィス空間づくりで進める「働き方改革」 【ミロク情報サービス】 海外製SFAからの移行事例〜次期SFA選びを失敗しないための3つのポイント_JUST.SFA 【ジャストシステム】 マンガ『ひとり情シス物語』:障害対応に時間をかけるなんてあり得なくない? 【デル株式会社】 実は見落とされがち……新興企業の爆速成長に必要不可欠な要素とは 【日本オラクル】 成長企業がいま知っておくべき、スピード経営基盤の考え方とは 【日本オラクル株式会社】
暗号化 SFA 統合運用管理 ERP ERP
今すぐ実践、IT活用とオフィス空間づくりで進める「働き方改革」 SFAの移行を検討する企業が次期SFAを選ぶ際に留意すべきこととは?SFA選びを失敗しないための3つのポイントとは?実際のSalesforceリプレース事例をもとに解説。 マンガ『ひとり情シス物語』:障害対応に時間をかけるなんてあり得なくない? 斬新な発想と圧倒的なスピードを武器に、新興企業でも市場を席巻できる時代が到来した。しかし急成長を狙う前に、バックオフィスの重要性を再認識しておく必要がある。 成長企業がいま知っておくべき、スピード経営基盤の考え方とは
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045176



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ