マリンソフトウェア、モバイル検索広告グローバルレポートを発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


マリンソフトウェア、モバイル検索広告グローバルレポートを発表


掲載日:2013/03/04


News

 マリンソフトウェア株式会社は、2013年版のモバイル検索広告のグローバルレポートを発表した。

 同レポートは、モバイルの検索広告の動向と予測について、端末種類別に広告費と効果を分析することで、広告主のモバイル検索向けの投資最適化の支援を目的としている。調査対象の広告主は主要産業分野を網羅しており、日本を含む米国や英国など13か国以上の国が対象であるとしている。また、調査対象企業の検索広告への投資総額は、40億ドルを超える規模であるという。

 同レポートによると、2012年のPCとモバイル(スマートフォン、タブレット)のクリックシェアの中で、モバイルが米国18.4%、英国19.0%、日本16.2%、シンガポール22.5%の割合で、同年のPCとモバイルの広告費の中で、モバイルは米国14.0%、英国14.0%、日本10.9%、シンガポール20.0%を占めることが分かった。

 消費者は以前にも増してオンライン上で商品・サービスのリサーチや購入のために、タブレットを使用していることが浮き彫りになったとしている。米国では、タブレットからのコンバージョン率の伸び率が2012年には31%だったことに対し、スマートフォンの伸び率は9%、PCに至ってはわずか7%に留まっているとしている。コンバージョン率に関しては、2013年12月までにタブレット広告がPC広告を追い抜くと予測している。

 PC向けの広告と比較した場合、タブレット向けの広告の方が有利なパフォーマンス特性があると分かったと伝えている。2012年に米国では、タブレット向け検索広告のクリックスルー率(CTR)は、PC向け検索広告のCTRを37%上回り、タブレット向け有料検索広告の平均クリック単価(CPC)は、PC向けの平均CPCを17%下回っていた。

 このことからタブレット向け広告のパフォーマンス特性は、タブレットを使用する消費者の増加を背景に、広告主の投資及びCPCの伸びを後押ししていることが分かったとしている。米国では、2012年第4四半期にはタブレット向けの検索広告の支出が初めてスマートフォン向けの支出を超え、2012年全体でタブレット向けの支出が4.8%から10%へと増加したことが分かった。また、検索広告に関してはタブレット向けが2012年に25%増加していることから、2013年末にはタブレットのCPCがPCのCPCに並ぶと予測している。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

SSLを悪用するサイバー攻撃の手口と対策を解説 【マクニカネットワークス】 野村証券の大規模ネットワーク運用術:8000ノード一元管理の手法 【日本ヒューレット・パッカード】 ハイパーコンバージドの利点を生かすバックアップアプライアンス 【arcserve Japan】 飲料販売会社の導入事例から帳票電子化の生産性向上効果を考える 【ウイングアーク1st株式会社】 クラウド基盤に関するアンケート 【ニュータニックス・ジャパン】
暗号化 ネットワーク管理 バックアップツール 電子帳票システム その他ストレージ関連
暗号化が危険を招く原因に? SSLを悪用するサイバー攻撃の手口と対策を解説 野村証券の大規模ネットワーク運用術――8000ノードの一元管理に選んだ手法は? ハイパーコンバージドインフラのメリットを生かすバックアップアプライアンス 北陸コカ・コーラボトリングが電子帳票システムを大幅改修する4つの目的 ギフト券が当たる★クラウド基盤に関するアンケート
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045175



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ