GSMA、2013年の会長賞をKTとSKテレコムへ授与

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


GSMA、2013年の会長賞をKTとSKテレコムへ授与


掲載日:2013/03/04


News

 GSMAは、韓国のモバイル・オペレーター、KTとSKテレコム(SK Telecom)が合同で2013年GSMA会長賞(2013 GSMA Chairman's Award)を受賞したと発表した。

 1996年に開始した会長賞は、GSMAが授与している最も栄誉ある賞で、世界中のモバイル・コミュニケーションの成長と発展への優れた寄与を認め賞賛するものとしている。今年の賞は、SIMベースのモバイル近距離無線通信(NFC:near field communication)の導入推進に先駆的な努力を行ないリーダーシップを発揮したとして、SKテレコムとKTに与えられた。

 NFCは、公共交通機関を利用するためのモバイルチケット、情報やコンテンツのやりとり、自動車、住居、ホテル、オフィス、駐車場へのアクセス制御など消費者向けの幅広い新しいアプリケーションの提供を促している。韓国ではSIMベースのNFC携帯電話機が2100万台以上普及しており、スマートフォンをタップしての店舗や市場での商品購入や、公共交通機関の料金支払い、建物へのアクセスなど、NFCがさかんに活用されている。

 今回受賞した2社のオペレータは、拠点市場である韓国と全世界でNFC技術の互換性を確実にするため努力と投資を行なってきたとしている。2007年には、KTはGSMAが推進する支払いに関するプロジェクトで先導的な立場だったとしている。このプロジェクトは、モバイルを利用した非接触の支払いを実現する世界共通の単一なアプローチを開発し、支払い用アプリケーションの保存場所としてSIMカードを推奨するものだった。SKテレコムもまた、過去数年間GSMAのモバイルNFCプログラムのNFCグローバルプロジェクト(NFC Global Project)でリーダーとして、同様の働きをしたとしている。

 SKテレコムとKTは、モバイルと金融サービスの融合のため、複雑なビジネスや技術上の課題に取り組んできたと同時に、両社や規制当事者、携帯電話機メーカー、支払いカードや金融サービスのプロバイダ、POSサプライヤ間におけるコンセンサスを促進してきたという。こうしたことや、特に各国間でのモバイルNFCサービスを可能にするための尽力を通して、両社は最初期におけるモバイルコマースの歴史を形作ってきたと伝えている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

クオリサイト沖縄データセンター 【クオリサイトテクノロジーズ】 マルチクラウドのスペシャリスト集団が、クラウド環境を最適にカスタマイズ 【東京エレクトロン デバイス+他】 収益力の差はどこで生まれるのか? 成功企業に見るIT投資マネジメント 【CA Technologies】 「クラウド移行ではコスト増」、オンプレミス仮想化基盤の刷新で成功するには? 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 一般企業のITインフラはデジタルトランスフォーメーションに対応できるのか? 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】
ハウジング 運用系業務アウトソーシング システムコンサルティング 垂直統合型システム 垂直統合型システム
行政施策を最大限に活用した圧倒的なコストパフォーマンスにて、コロケーション・ハウジングサービスや、監視・運用代行サービスなどを要望に合わせて提案。 マルチクラウドのスペシャリスト集団が、クラウド環境を最適にカスタマイズ 収益力の差はどこで生まれるのか? 成功企業に見るIT投資マネジメント 「クラウド移行ではコスト増」、オンプレミス仮想化基盤の刷新で成功するには? 一般企業のITインフラはデジタルトランスフォーメーションに対応できるのか?
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045169



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ