SIG、3万3000種類以上の脆弱性定義サポートする脆弱性検査を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SIG、3万3000種類以上の脆弱性定義サポートする脆弱性検査を発売


掲載日:2013/03/01


News

 株式会社エスアイインフォジェニック(SIG)は、情報システムの脆弱性検査ソリューション「Nexpose」を発売した。

 「Nexpose」は、3万3000種類以上の定義された脆弱性と、9万7000以上のスキャンパターンをサポートし、仮想環境/OS/Webアプリケーション/DBなど、様々なセキュリティ上の脆弱性や設定ミスを自動的にスキャンして、IPアドレスを持った機器の脆弱性の有無を検査する。また、発見した脆弱性の対策方法に関する具体的なアドバイスが表示され、容易に対策を行なえるため、定期的に情報システムの脆弱性をチェックすることで、システムを安全な状態に保持できる。

 既存のネットワーク設定の変更不要で、IPアドレスを持つITインフラに潜在している脆弱性を常時スキャンし、具体的な対策方法を提示するほか、6時間ごとに、更新すべき機能改善や新しい脆弱性情報の有無を自動的にチェックする。

 様々なセキュリティ基準(PCI DSS/FDCC/USGCB/HIPAA/NERC/FISMAなど)を順守しているかをチェックできる。また、VMware EPSEC(End Point Security)APIに対応しているため、ハイパーバイザーレイヤの脆弱性検査を行なえ、仮想資産の移動が多い環境でも、“vAsset Discovery”機能と“移動資産グループ分け”機能(「Nexpose consultant」版またはオプションで対応)を利用することで、グループごとの脆弱性検査を行なえる。

 128個までのIPアドレスに対する脆弱性検査を行なえる「Nexpose express」、256個までのIPアドレスに対する脆弱性検査を行なえ、WebアプリケーションのスキャンやPCI DSS検査にも対応する「Nexpose express Professional」、1024〜6万5534個のIPアドレスに対する脆弱性検査を行なえ、「Nexpose express Professional」の機能に加え、SCADAスキャン、FDCC/USGCBベーススキャンに対応する「Nexpose consultant」に加え、大規模構成の管理に適したモデルやオプションが用意されている。


出荷日・発売日 2013年2月28日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「セキュリティ診断」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「セキュリティ診断」関連情報をランダムに表示しています。

「セキュリティ診断」関連の製品

2大Web攻撃への備えは万全か? Webページとネットワークの脆弱性をプロが診断 【ゲイトウェイ・コンピュータ】 アプリケーションのセキュリティ管理を行うための5ステップ 【日本アイ・ビー・エム】 狙われる前に先手を 情報漏えい防止に「動的診断ツール」の理由 【日本アイ・ビー・エム】 4分の3以上がモバイルアプリのセキュリティ確保で苦慮、なぜ? 【日本アイ・ビー・エム】
セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断
2大Web攻撃への備えは万全か? Webページとネットワークの脆弱性をプロが診断 管理者がアプリケーションのセキュリティ管理を行うための5つのステップ 狙われる前に先手を 情報漏えい防止に「動的診断ツール」の理由 4分の3以上がモバイルアプリのセキュリティ確保で立ち往生、それはナゼか?

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045145


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > セキュリティ診断 > セキュリティ診断のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ