シマンテック、インテリジェンスレポート2013年1月度を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


シマンテック、インテリジェンスレポート2013年1月度を発表


掲載日:2013/02/28


News

 株式会社シマンテックは、2013年1月のセキュリティ脅威についてまとめた、“シマンテックインテリジェンスレポート 2013年1月度(日本語版)”を公開した。

 “シマンテックインテリジェンスレポート 2013年1月度”では、通常通りスパムやフィッシング、ウイルスメールなどの件数や割合などの数値について説明しているほか、国・地域別や業界別の傾向についても取り上げている。

 同レポートでは、電子メールマルウェアの比率が昨年12月以降大幅に低下していることがわかったことに加え、1月にウイルスを含んでいたメールは400通に1通のみで、2009年以来最低のウイルス比率であることを挙げている。これは、メールウイルスの配布者が休暇シーズン後で一休みしている、または悪質なペイロード配信のための選択肢としてのメールからの乗り換えが続いていることを示している可能性があるとしている。今後もこの傾向を注視し、低下が続くかどうかを確認していくと伝えている。

 その他にもバレンタインスパムの本格化や、同社がMicrosoft社と連携して活動を停止させたBamitalボットネットについて取り上げている。Bamitalは検索エンジンの結果を乗っ取り、攻撃者が選んだ広告をホストするC&Cサーバへリダイレクトすることによって広告収入を生み出していた。

 同レポートに含まれる主要な統計結果によれば、世界全体のメールトラフィックに占めるスパムの割合は64.1%(メール1.56通に1通)となり、前月比で6.5%減少した。世界全体のメール感染型ウイルスがメールトラフィック全体に占める割合は0.25%で、前月比で 0.11%減少した。また、悪質なWebサイトへのリンクが貼られたメール感染型マルウェアが全体の33.5%を占めており、前月より6.3%増加した。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ビジネス変革を目指す企業が導入すべき「攻めのITインフラ」とは 【ネットワンシステムズ株式会社】 EU一般データ保護規則(GDPR)をコンプライアンス施策だけで終わらせないために 【日本アイ・ビー・エム】 166社調査で見えた無線LAN導入・運用のヒント――多くの企業がつまずいたのは? 【エヌ・ティ・ティ・データ・ジェトロニクス】 ハイブリッドクラウド時代のプロセッサはアーキテクチャで選ぶ 【インテル】 安全性とコンプライアンスを両立、先進企業4社のタッグで生まれたクラウド基盤 【インテル】
統合運用管理 その他データ分析関連 無線LAN IaaS/PaaS IaaS/PaaS
ビジネス変革を目指す企業が導入すべき「攻めのITインフラ」とは EU一般データ保護規則(GDPR)をコンプライアンス施策だけで終わらせないために 166社調査で見えた無線LAN導入・運用のヒント――多くの企業がつまずいたのは? ハイブリッドクラウド時代のプロセッサはアーキテクチャで選ぶ 安全性とコンプライアンスを両立、先進企業4社のタッグで生まれたクラウド基盤
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045094



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ