この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


JPRS、堀田 博文氏がAPTLDの理事に就任


掲載日:2013/02/28


News

 株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は、取締役の堀田 博文氏がアジア太平洋地域のccTLDレジストリの連合組織、APTLD(Asia Pacific Top Level Domain Association)の理事に選出されたことを発表した。堀田氏は、2015年3月までの2年間の任期で理事を務めることになる。

 APTLDは1998年の発足以来、ドメイン名やレジストリ運用に関する議論や情報交換、ICANN(Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)を始めとするインターネットガバナンス組織への提言などを通じ、アジア太平洋地域のccTLD(国や地域ごとに割り当てられたトップレベルドメイン)の発展に寄与する役割を担っていると述べている。

 特に、ICANNが2009年11月から募集を開始したIDN ccTLDの導入に向けたプロセスは、堀田氏らがAPTLDでの議論を先導しまとめた上で関係団体の支持を受け、ICANN全体に提案したものである。この提案をきっかけに、世界的な国際化ドメイン名(IDN)の普及の動きへとつながったもので、APTLDの大きな成果の1つとなっていると伝えている。

 堀田氏は、ICANNに設置された支持組織の1つであるccNSO(Country Code Names Supporting Organisation)の評議委員を2004年6月より務めてきた。ccNSOの評議委員として、アカウンタビリティフレームワーク(ICANNとccTLDレジストリの間に正式な関係を構築するための枠組み)の構築や、IDNに関するグローバルポリシーの検討、IDN ccTLDの新設にともなうICANN定款改訂の検討など、ICANNの活動において積極的な貢献を行なってきたとしている。また、2002年よりAPTLDのメンバーとして、会合における発表や議論への参加を通じてAPTLDの活動に貢献していると伝えている。

 今回のAPTLD理事への選出は、堀田氏のこれまでのAPTLDへの貢献やccNSOの評議委員としての活動や成果が評価されたものとしている。

 APTLDでは今後の2年間で、IDN ccTLDや新gTLDのレジストリが増加していく中、APTLDをどのような組織にしていくかを検討し、その実現に向けた取り組みを進めていく予定。堀田氏は、新しい時代におけるAPTLDの使命と目的を検討するWG“mission&objectives WG”の議長に就任予定であると伝えている。



「日本レジストリサービス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

「Skype for Business」の課題を解消、高音質・低価格の電話会議システムとは? 【ソフトバンク】 導入コスト・通話料金がお得な「電話会議サービス」って? 【ソフトバンク】 顧客との急な打ち合わせにも対応できる「自由なビデオ会議サービス」の可能性 【ソフトバンク】 接続先を選ばない「次世代ビデオ会議システム」を安価に活用する方法 【ソフトバンク】 「ハイパーコンバージドインフラ」に関するアンケート 【ヴイエムウェア株式会社】
Web会議 Web会議 Web会議 Web会議 垂直統合型システム
「Skype for Business」の課題を解消、高音質・低価格の電話会議システムとは? 導入コスト・通話料金がお得な「電話会議サービス」って? 顧客との急な打ち合わせにも対応できる「自由なビデオ会議サービス」の可能性 接続先を選ばない「次世代ビデオ会議システム」を安価に活用する方法 Amazonギフト券が当たる「ハイパーコンバージドインフラ」アンケート
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045088



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ