ネオジャパン、「desknet’s NEO」の小中規模向けパッケージ発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ネオジャパン、「desknet’s NEO」の小中規模向けパッケージ発売


掲載日:2013/02/27


News

 株式会社ネオジャパンは、グループウェア「desknet’s NEO」の小中規模向けパッケージ版を発売した。

 「desknet’s NEO」は、インターフェースにHTML5を採用し、従来型のWebアプリケーションに比べ、見やすさと使いやすさに優れている。個々の端末へのインストール作業不要で、タブレットやスマートフォンの標準ブラウザで利用できる。従来機能のスケジュールやメール、ワークフローなどの機能性向上に加え、新たに搭載された社内ソーシャルや事業継続ポータル、iCalendarを利用したiPhoneカレンダーやGoogleカレンダーとのスケジュール連携にも標準で対応し、「desknet’s NEO」上に登録されたスケジュールや六曜の情報を、iPhoneカレンダーやGoogleカレンダーでも参照できる。

 業務の効率化とコミュニケーションの向上を図れる、25のアプリケーションを標準搭載している。スケジュールやメール、文書管理、ワークフローといった一般的な機能に加え、安否確認や来訪者管理といった機能を備えている。ユーザインターフェースにHTML5を採用し、タッチ操作を意識した画面デザインで、タブレットからもPCと同じ操作性でスムーズに利用できる。スマートフォン向けには専用インターフェースが用意され、利用する機種を問わず専用アプリのような使い勝手を備えている。BYOD(私的端末の業務活用)への対応も容易に行なえる。

 ソーシャル要素を取り入れた社内コミュニケーションツール“ネオツイ”や、“付箋”“伝言メモ”、簡単にカスタマイズできるログイン画面など、毎日使用したくなるための様々な工夫が行なわれている。また、iPhoneカレンダーに連携されたスケジュール情報はオフラインでも確認できるため、社内のWi-Fi環境でスケジュールを連携し、外出先や自宅で確認するといった使い方にも対応できる。

 「desknet’s NEO」の中堅・大規模向けパッケージ版「desknet’s NEOエンタープライズライセンス」で利用できる全機能をそのまま利用でき、組織の階層管理や、時差(タイムゾーン)への対応、外国語メールの送受信、大容量のデータ管理などの機能を利用できる。

 価格は、5ユーザで3万9800円、100ユーザで37万8000円など。他社グループウェア製品から乗り換える場合は、50ユーザで5万9400円、100ユーザで11万3400円。


出荷日・発売日 2013年2月26日 発売
価格 お問い合せ下さい

「ネオジャパン」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

働き方は変わりましたか? Office 365とモバイル活用の基礎講座 【日本マイクロソフト】 MajorFlowクラウド 【パナソニック ネットソリューションズ】 「desknet's NEO」のASPサービス J-MOTTOグループウェア 【リスモン・ビジネス・ポータル】 ガリガリ君の赤城乳業、クラウドでスピード経営へ 老舗の挑戦 【KDDI】 Office 365が“もっと使えるようになる”連携製品の活用術 【日本マイクロソフト】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
働き方は変わりましたか? Office 365とモバイル活用の基礎講座 会計ソフトやグループウェアと連携して、経費精算や出退勤打刻の機能を提供。経理や人事の作業負担軽減を実現しつつ、現場社員や経営層にも役立つ機能も搭載。 305万人以上のユーザが利用するグループウェア「desknet's NEO」のクラウドサービス版。導入実績4000社以上。メール/スケジュール/ワークフローなど、全25機能が利用可能。 情シスの決断でOffice 365のスピード導入に成功――赤城乳業事例 Office 365が“もっと使えるようになる”連携製品の活用術

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045077


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ