採用:NTT Com、FireEye製品をセキュリティサービスに採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:NTT Com、FireEye製品をセキュリティサービスに採用


掲載日:2013/02/27


News

 米ファイア・アイ(FireEye)は、同社の脅威対策ソリューションがNTTコミュニケーションズ株式会社(NTT Com)が提供しているトータル・セキュリティ・アウトソーシング・サービス「Bizマネージドセキュリティサービス」に採用されたと発表した。

 今回、「Bizマネージドセキュリティサービス」に提供されるソリューションは、Web攻撃や複数のプロトコルを使用したコールバックを防いで、ネットワーク侵害を阻止する「FireEye Web Malware Protection System」、シグネチャ及びレピュテーションベースの防御対策を回避するスピア・フィッシング攻撃を阻止する「FireEye Email Malware Protection System」、FireEyeアプライアンスの管理、レポート作成、データ共有を統合する「FireEye Central Management System」の3製品。

 FireEyeは、今回の採用の背景には、企業や政府組織へのサイバー攻撃が巧妙化、増大しているという事実があるとし、シグネチャベースの製品では検出できないスピア・フィッシングなどのサイバー攻撃からどう機密情報を守るかを検討していく中で、同製品のユニークな検出及び解析技術が有効であると評価されたとしている。

 NTT Comは、FireEye製品が検出したイベントをリアルタイムに監視し、解析を行なうことで、今までにない新たなサイバー攻撃を検出、遮断し、ゼロデイ攻撃やAdvanced Persistent Threats(APT)攻撃などの最新の脅威から利用者のICT環境を守り、情報漏洩リスクを最小化できると伝えている。

 なお、同製品は「Bizマネージドセキュリティサービス」が提供する“不正アクセス&ウイルス対策”カテゴリの中の“ファイル検査”サービスとして提供される。提供形態としては利用者のネットワーク環境上に設置するオンプレミス型が用意されており、今後NTT Comのクラウド上に設置するクラウド型も用意されるとしている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IPS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IPS」関連情報をランダムに表示しています。

「IPS」関連の製品

改ざん検知・瞬間復旧ソリューション WebARGUS(ウェブアルゴス) 【デジタル・インフォメーション・テクノロジー】
IPS
Webサイトを常時監視し、サイバー攻撃・標的型攻撃によって万一改ざんされても、瞬時にそれを検知して1秒未満で元通りに自動修復できるセキュリティ対策ソフト。

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045065


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > IPS > IPSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ