採用:チームプレシジョン、アスプローバのスケジューラを導入 

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:チームプレシジョン、アスプローバのスケジューラを導入 


掲載日:2013/02/26


News

 アスプローバ株式会社は、タイのEMSベンダであるチームプレシジョン社で、アスプローバの「Asprova MS Light」+オプション製品を2011年4月(カットオーバーは、2011年10月)より導入したと発表した。

 「Asprova MS Light」は、必要最低限の生産スケジューラ機能を顧客に提供するもので、初期投資を抑えながら現場のニーズ・習熟度に合わせてオプション機能を追加できる製品として海外の工場で採用されている。

 チームプレシジョンは、様々なセットメーカーにプリント基板を製造・提供しているが、生産ラインは少量多品種で、生産スケジューラの持つ意義は大きいとしている。同社では、部品をタイの日系工場だけでなく欧米のメーカーにも輸出しており、顧客の納期に合わせて航空便で送る。しかし顧客からの受注変動のほか、設計変更への対応も多く、顧客の特急要求に都度対応していたのでは航空便費用は大きくなるとして、ラインにある部品を効率的に輸送することが課題となっている。

 「Asprova MS Light」は、生産能力による山崩し、製造実績を反映したリスケジューリング機能で顧客の要求に応え、タイ国内に輸送する部品に関しては納期Fix型のバックワードスケジューリングで納期を守り、海外に輸出する部品に関してはフォワードスケジューリングで納期回答を可能にしている。

 チームプレシジョンに情報システムの専任者はいないが、生産管理業務にかかわるメンバーが「Asprova MS Light」を運用している。インフラが整ったタイの工場区においてサプライヤからの部材提供が遅れる場合も、同システムのオプション機能で見える化されたラインシミュレーションを利用して、その場で即時決定、現場に指示し、材料による制約スケジュール、生産計画の変更を反映した部材発注などの顧客要望を可能にするとしている。

 アスプローバによれば、タイ政府による全土での最低賃金の引き上げが行なわれ、低コストで欧米企業の仕事を受注しているチームプレシジョンにとっても、これまでのクオリティーデリバリのほかコストを意識した生産計画が不可欠になると想定される。アスプローバとしては地元のDataCollection Systems社と連携し、チームプレシジョンに対して「Asprova」KPI即時原価シミュレーション機能を提案するなど、コスト戦略への支援も行なってゆく予定としている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「生産管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「生産管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「生産管理システム」関連の製品

生産管理システム AMMIC/NetP 【電通国際情報サービス】 FutureStage 製造業向け生産管理システム 【日立システムズ】
生産管理システム 生産管理システム
組み立て系からプロセスまで、製造業の幅広い業種に対応する純国産の生産管理パッケージ。様々な管理指標の切り口での正確な原価の把握を可能にする。 生産管理・販売管理・在庫管理・技術管理・購買管理がシームレスに連携した製造業向け基幹業務統合ソリューション。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045041


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 生産管理システム > 生産管理システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ