事例:NetBackupを活用したアサツー ディ・ケイの事例資料を公開

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:NetBackupを活用したアサツー ディ・ケイの事例資料を公開


掲載日:2013/02/26


News

 株式会社シマンテックは、株式会社アサツー ディ・ケイによる「Symantec NetBackup」(NetBackup)のバックアップシステムにおける全面採用に関する事例資料を公開した。

 アサツー ディ・ケイは、基幹系システム、メールサーバやファイルサーバなど280のシステムを保有しているが、構築や増強を進めるうちにバックアップをはじめとするツール類や運用方法が多数混在する複雑なIT環境となり、管理者の運用負荷が高まっていたとしている。また、2014年の本社移転前に全システムをデータセンタに移管する計画で、これに合わせて現在、サーバ仮想化を推進している。こうした背景下、仮想化対応によるシステム効率化や、バックアップ一元化による運用効率の向上とコスト削減がテーマとなっていたと述べている。

 そこで、アサツー ディ・ケイでは「NetBackup」をバックアップの標準システムとして全面的に採用した。採用の理由には、「NetBackup」が複数のバックアップソフトが混在する既存環境で安定して稼働していたこと、各種のOSやVMwareなどの仮想プラットフォームサポートが充実していたこと、更に取引のあるベンダ各社に運用実績があり、納入されているソリューションとの組み合わせが容易だったことを挙げている。

 アサツー ディ・ケイでは、バックアップ環境を統合したことで、280システムのバックアップ操作を単一のコンソールから一元的に行なえるようになり、運用業務の効率化と省力化を図れた。また、プライマリーのバックアップをディスクベースで高速に取得し、システムとデータの可用性を高めるためにテープにバックアップするD2D2T構成を採用したことで、バックアップによるシステムへの影響を抑えながら、データを保護し、かつディザスタリカバリにも備えている。更に、重複排除機能を活用することで、バックアップの容量も軽減できた。

 今後、アサツー ディ・ケイでは、「NetBackup」を活用しながら、運用負荷もコストも更に軽減できるバックアップ体制の構築を目指すと伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

Acronis Backup 【アクロニス・ジャパン】 Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】 Windows/Linuxの仮想/物理/クラウド対応【Arcserve UDP】 【Arcserve Japan】 仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
ディスクイメージング技術とベアメタル復元技術に基づいたディザスタリカバリとデータプロテクションを実現する統合ソリューション。物理/仮想の混在環境にも対応。 アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。 導入から運用までとにかく簡単。データ量が増加する仮想化基盤に強く、仮想ホスト単位でわずか8万円という低価格で、災害対策まで実現できるイメージバックアップ製品。 稼働中サーバーを確実・高速にバックアップするネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045039


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ