矢野経済研究所、データセンタ事業に関する調査結果を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


矢野経済研究所、データセンタ事業に関する調査結果を発表


掲載日:2013/02/25


News

 株式会社矢野経済研究所は、国内のデータセンタ事業の調査を実施したと発表した。

 調査期間は2012年7月〜2013年1月、対象はアウトソーシング事業者、データセンタ専業者、建設会社、設計会社などで、調査方法は同社専門研究員による直接面談、電話・メールによる取材、ならびに文献調査を併用している。

 同調査におけるデータセンタとは、IT事業者が顧客(ユーザ企業)のサーバなどのIT機器を預かる、または自社所有のサーバを活用してインターネットへの接続回線やシステム運用保守サービスなどを提供する施設を指し、各年3月末時点の総床面積を算出した。

 同社は調査結果サマリーとして2つ発表している。1つは、2012年から2013年に掛けてデータセンタの新設や増床が多く行なわれた結果、2013年3月末の国内データセンタ総床面積は大きく伸長し、前年同月比8.8%増の216万4000平方メートルになると見込んでいることである。事業継続対策や法規制への対応を目的に堅牢性が高くセキュリティ対策が万全なデータセンタを求める企業が増加していることや、サーバ台数増加への対応や消費電力の削減を目的にデータセンタにサーバを移行する企業が増加していることなどから一般企業(ユーザ企業)からのデータセンタに対する需要が今後も堅調と見込めるためであるとしている。国内データセンタ総床面積は、2011年3月から2017年3月までの年平均成長率(CAGR)は4.6%で推移し、2017年3月末には250万8000平方メートルに達すると予測している。

 2つめは、IT事業者による首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)のデータセンタへの投資は今後も堅調に増加すると予測していることである。大口ユーザである大手企業が、緊急時に自社の情報システム部員が駆け付けることができる首都圏の立地を求める傾向は、今後も変わらないと見込めるためであるとしている。一方、地方(その他道府県)のデータセンタへの投資は、微増の推移に留まると予測している。地方立地の特性を活かせると言われていたクラウドコンピューティングサービスと事業継続サービスが当初の期待ほど普及しておらず、ユーザ企業からの地方に立地するデータセンタへの需要拡大を見込みづらくなってきているためであると伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

「Spark」を動画で徹底解説、高速ビッグデータ分析環境を簡単に構築する方法 【日本アイ・ビー・エム株式会社】 サイト構築の工数・コストの課題を解消――多機能CMSでデータ連携も手軽に実現 【メガ・トレード】 デジタルビジネス実現への道「クラウド運用のホワイトボックス化 8つの極意」 【日本電気】 「OpenStack」だけでは実現できない“7割の要件”にどう対応する? 【日本電気】 SAPの次世代クラウドアプリケーションを支えるITインフラとは? 【レノボ・ジャパン株式会社】
ビッグデータ CMS IaaS/PaaS プライベートクラウド Windows
「Spark」を動画で徹底解説、高速ビッグデータ分析環境を簡単に構築する方法 サイト構築の工数・コストの課題を解消――多機能CMSでデータ連携も手軽に実現 デジタルビジネス実現への道「クラウド運用のホワイトボックス化 8つの極意」 「OpenStack」だけでは実現できない“7割の要件”にどう対応する? SAPの次世代クラウドアプリケーションを支えるITインフラとは?
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045005



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ