PMC、ロープロファイルのPCIeGen3対応のSAS/SATA HBA製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


PMC、ロープロファイルのPCIeGen3対応のSAS/SATA HBA製品を発売


掲載日:2013/02/25


News

 ピーエムシー・シエラ・ジャパン株式会社(PMC)は、PCIe Gen3(PCI Express 3.0)インターフェースに対応した、多ポート/ロープロファイルの新製品「Adaptec SAS/SATAホストバスアダプタ(HBA)ファミリ」を2013年第2四半期(予定)に発売する。

 「Adaptec SAS/SATA HBAファミリ」は、6Gbps SAS/SATAインターフェースを備え、最大6.6GBpsのサステインドスループット、最大100万以上の入出力処理(IOPS)に対応し、256ビットAES(Advanced Encryption Standard)暗号化と最大16ポートの拡張性も提供する。「7H」シリーズ(7085H、70165H、7805H、71605H)と「7He」シリーズ(70165He、71605He)、「6H」シリーズ(6405H、6805H)が用意されていて、各シリーズとも、データセンタアプリケーション用のダイレクトアタッチドストレージからHDD、半導体ディスク、リムーバブルメディアやテープドライブなど、様々なストレージデバイスに対応する。

 「7H」シリーズは、16ポートPM8018 6Gbps I/Oコントローラチップと、x8レーンPCIe Gen3インターフェースを搭載し、512バイトブロックサイズで100万IOPS以上、4Kブロックサイズで80万IOPS以上を達成している。組み込み済みMSI-Xをサポートし、マルチコアホストCPUの性能を活用して、アプリケーションパフォーマンスの向上を図れる。また、mini SAS HDコネクタを使用していて、ロープロファイルMD2のフォームファクタで最大16個のネイティブSAS/SATAポートを提供し、高密度サーバに適している。新しいコネクタは様々な種類のAdaptec High-Density(HD)SASケーブルと同時に利用できる。

 「7He」シリーズは、個別のハードウェア暗号キーでのみ使用できる256ビットAES、インライン暗号化エンジンのAdaptec maxCryptoセキュリティ技術を搭載し、ストレージメディア上のデータを保護でき、使用したディスクを廃棄する場合にも機密情報を保護できる。

 「6H」シリーズは、8ポートPM8001 6Gbps I/Oコントローラチップと、x4レーンPCIe Gen2インターフェースを搭載し、512バイトブロックサイズで25万IOPS以上、4Kブロックサイズで20万IOPS以上を提供する。ロープロファイルMD2フォームファクタで、x4/x8/x16レーンのPCIeスロットに装着でき、標準的なmini SASコネクタを使用した内部4ポートと内部8ポート製品が用意されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20044991


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ