提携:NECと網屋、アクセスログ監査を1ライセンスから購入可能に

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:NECと網屋、アクセスログ監査を1ライセンスから購入可能に


掲載日:2013/02/22


News

 日本電気株式会社(NEC)と株式会社網屋は、アクセスログ監査領域での協業を強化した。

 今回の協業により、網屋のアクセスログ監査ソフトウェア「ALog ConVerter」(ALog)をNEC製サーバ「Express5800」シリーズに対応させた「ALog ConVerter for Express5800」をNECが発売した。これにより「ALog」を1サーバライセンスから購入でき、価格は1サーバ25万4000円から。

 またNECは、ファイルサーバ整理ソフトウェア「NIAS」を強化し、「NEC Information Assessment System ALog連携オプション」を発売した。価格は50万円。「ALog」から出力されたファイルアクセス情報を利用して、アクセス履歴のあるファイルに絞って管理情報を更新できるため、差分更新の時間を従来比約5分の1に短縮できる(NEC調べ)。定期的にファイルサーバの肥大化チェックや権限設定確認を行なう運用の場合、管理者の工数を削減できる。


出荷日・発売日 2013年2月21日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合ログ管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合ログ管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合ログ管理」関連の製品

クライアント操作ログ管理 「MylogStar(マイログスター)」 【ラネクシー】 Logstorage(ログストレージ) 【インフォサイエンス】 SaaS型運用イベント分析プラットフォーム 「千里眼SaaS」 【アシスト】 導入前に押さえたい運用基盤としてのSIEM 活用ポイント 【マカフィー】 内部ネットワーク監視ソリューション「VISUACT」 【ギガ+他】
統合ログ管理 統合ログ管理 統合ログ管理 統合ログ管理 統合ログ管理
セキュリティ強化で詳細な証跡管理をおこなうにはPC操作ログが必要になる。MylogStarは物理・シンクライアント環境どちらでも高精度なログ収集力を発揮する。 企業内やクラウド上に分散するITシステムのログデータを自動収集、統合管理することにより、セキュリティ対策、運用負荷の軽減を実現する純国産の統合ログ管理製品。 統合システム運用管理ソフトウェア「JP1」が蓄積したログやイベントをSaaS型BIによって可視化、分析可能にするサービス。 導入前に押さえたい運用基盤としてのSIEM活用ポイント ・ファイルサーバのアクセスログを生成する
・内部ネットワークに侵入したマルウェアの拡散活動を記録する

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20044986


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合ログ管理 > 統合ログ管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ