デ変研、Androidに接続したUSB機器をリモコンできる製品を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


デ変研、Androidに接続したUSB機器をリモコンできる製品を出荷


掲載日:2013/02/22


News

 株式会社データ変換研究所(デ変研)は、Android機に接続したUSB機器をインターネット経由でリモートコントロールできるフレームワーク「Derimo」を組み込みソフトウェアとして使用するための企業向け製品「Derimo for Business」の出荷を3月下旬に開始する。

 「Derimo」は、Derimo Server/Derimo Client(制御側)/Derimo Control(操作側)の3つのソフトウェアで構成され、操作側(Android機などのスマートフォン/タブレット型コンピュータ/PC)から画面操作で制御側(Android機に接続した機器)に指令を送り、コントロールできる。

 今回出荷される「Derimo for Business」は、このリモートコントロール技術を、商品やサービスの開発(商用使用)、自社製品の紹介(広告使用)、社内業務(業務使用)などに使用することを目的にしている。リモートコントロール技術が必要な(あるいは付加価値になる)システムの開発に組み込み、スマートフォンという安価・軽量・高性能なネットワークコンピュータを採用することによるコスト削減や、開発時間の削減を図れる。また、ユーザが保有しているハードウェア(センサ)やAndroid機以外のプラットホーム(iOSアプリやHTML5)への対応が必要な場合には、目的に合わせて柔軟なカスタマイズ開発を行なえる。

 保守サービス契約には、基本契約に加え、オプションで、ソフトウェアの改訂版・バージョンアップ版を顧客にも再配布できる「OEM再配布契約」や、同社がユーザ向けにカスタマイズ開発したソースコードをユーザが保有できる「ソースコードディスクロージャ契約」が用意されている。


出荷日・発売日 2013年3月下旬 出荷
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発ツール」関連情報をランダムに表示しています。

「開発ツール」関連の製品

ALMソリューション 【キヤノンITソリューションズ】 Mendix App Platform(超高速開発ツール、モデル駆動) 【ビルドシステム】 多機能・高精細ビューイングエンジン PrizmDoc 【ラネクシー】 法人向けスマートデバイスアプリ開発プラットフォーム「seap」 【ソフトバンク コマース&サービス】 Web Performer 【キヤノンITソリューションズ】
開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール
要件管理から構成・変更管理、テスト管理、プロジェクト管理まで、アプリケーション・ライフサイクルを総合的にサポートするソリューション。(ALMソリューション) ソースコードを記述することなくアプリケーションを作成できる超高速開発ツール。モバイルアプリから、IoT、Cognitive対応のアプリまで、専門知識なしで容易に作成。 PrizmDoc は開発ツールです。Webアプリケーション上に構築するビューイングエンジンです。低コストで効率的に多機能・高精細ビューイングソフトを作成可能。 ラーニング、アンケート、カタログ、ファイル共有などのビジネスでニーズの高いアプリを短期間でカンタンに導入可能。セキュリティ機能や運用管理機能も充実。 ノンプログラミングでJavaのWeb アプリを100%自動生成する、マルチブラウザ対応超高速開発ツール。コーディングの自動化とそれによる品質の均一化により開発期間短縮可能

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20044953


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ