採用:オンキヨー、システムの安全運用のためシマンテックを採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:オンキヨー、システムの安全運用のためシマンテックを採用


掲載日:2013/02/21


News

 株式会社シマンテックは、オーディオ・ビジュアル関連製品などを開発するオンキヨー株式会社がデータならびにシステム保護と運用のためにSymantec「Backup Exec」とSymantec「System Recovery」の採用をしたと発表した。

 オンキヨーは、「Backup Exec」を長年にわたりの運用しており、ファイルサーバ、Notes Server、Exchange Server、またERPなどの基幹システムを支えるSQL ServerやOracleといったRDBMSなどの多くの情報資産を安全に保護しているとしている。

 「System Recovery」については、Exchange ServerやSAPなどの導入をきっかけに、有事の際に早期に復旧ができる仕組みが必要と判断し導入を決定した。

 同社では、「Backup Exec」と「System Recovery」を併用することで、基幹系システムやメールサーバなど重要な業務インフラに障害が発生した際も、システムを迅速に復旧できる体制を整えることができたとし、仮想感化環境への移行を推進していることから、物理と仮想が混在するIT環境でも柔軟に対応でき、将来的な移行でもバックアップを継続できる両ソリューションを評価していると伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

そのバックアップ、ランサムウェア対策になっていますか? 【アクロニス・ジャパン】 ランサムウェア被害から見えてきたエンドポイントデータ保護対策の6原則 【Commvault Systems Japan+他】 Quest バックアップ・DR関連ソリューション 【日本クエスト・ソフトウェア】 イメージバックアップ/リカバリー ActiveImage Protector 2016 -RE 【ラネクシー】 Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
ランサムウェアは対岸の火事ではない。国内でも多くの企業が被害に遭い、一時的に事業を停止せざるを得ない状況に追いこまれた。重要なのは「やられる前」の体制作りだ。 専門家によればランサムウェア「WannaCry」は国内外で「非公表のものを含め相当数のデータを破壊した」という。今こそ組織として被害を防ぐ「6原則」を確認しておこう。 今さら聞けない「重複排除バックアップ」の基本原理――最新技術と効果を学ぶ 稼働中のマシンでも高速・確実にディスク丸ごとバックアップできる。状況に応じて、簡単にディスク全体やファイルをリカバリーでき、さらに仮想化も3ステップで実装可能。 アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20044935


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ