Kaspersky、Adobe Flash Playerの最新のゼロデイぜい弱性を発見

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Kaspersky、Adobe Flash Playerの最新のゼロデイぜい弱性を発見


掲載日:2013/02/21


News

 Kaspersky Lab(Kaspersky)のエキスパートは先日、頻繁に標的型攻撃を受けていたAdobe Flash Player(CVE-2013-0633)の重大なゼロデイぜい弱性を発見し、アドビ システムズに報告したと発表した。アドビ システムズは、2013年2月7日にセキュリティアップデートを公開したとしている。

 Kasperskyが最初に発見したこのぜい弱性はWindows、Mac OS X、Linuxに加えて、Androidのいくつかの古いバージョンに影響を及ぼすものとしている。

 同社は、Adobe Flash Playerを利用者に、このぜい弱性から保護するためのセキュリティパッチが含まれている最新バージョンへのアップデートを促しており、最新バージョンの情報についてはアドビ システムズのWebサイトにある“Adobe Flash Player”ページ、影響を受けるFlash Playerのバージョンの情報については“最新のセキュリティ情報”ページにアクセスすることで確認できると伝えている。

 このぜい弱性は、スピア型メール(特定の人物を標的としたフィッシング詐欺メール)を送る標的型攻撃に利用されているとし、メールには悪意のあるFlash(SWF)コンテンツを含むMicrosoft Word文書が添付されていて、被害者に対してこの添付ファイルを開くように仕向けており、Kasperskyが分析した攻撃の大部分は、アフリカや中東地域の人権活動家と政治的反対派を標的とするものだったと伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

PCやサーバの適用状況、ほんとうに把握していますか? 【ニッポンダイナミックシステムズ】 パケットをリアルタイムで分析、次世代UTMで実現する多層的な標的型攻撃対策 【丸紅情報システムズ】 3種のエンジンで標的型攻撃を防御、次世代UTMが高速で検閲できる理由 【丸紅情報システムズ】 標的型攻撃での「ヒヤリハット」をカバー、長野赤十字病院の取った対策とは? 【ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン】 限られた予算で“エンタープライズクラス”の多層防御を実現するには? 【ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン】
IT資産管理 UTM UTM フィルタリング フィルタリング
セキュリティパッチ適用状況を可視化、IT資産管理ツールによる脆弱性対策の効果 パケットをリアルタイムで分析、次世代UTMで実現する多層的な標的型攻撃対策 3種のエンジンで標的型攻撃を防御、次世代UTMが高速で検閲できる理由 標的型攻撃での「ヒヤリハット」をカバー、長野赤十字病院の取った対策とは? 限られた予算で“エンタープライズクラス”の多層防御を実現するには?
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20044929



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ