提携:富士電機とディーバ、管理・制度会計分野で協業

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:富士電機とディーバ、管理・制度会計分野で協業


掲載日:2013/02/20


News

 富士電機株式会社は、株式会社ディーバとエントリーからミドルレベルの管理会計・制度会計分野でのDB・BIソリューションにおいて協業することを発表した。

 富士電機は、管理会計・制度会計分のDB化・情報分析について、データアクセスの煩雑さや難しさ、システムのライセンス・構築コストなどから一部の企業の部門内での活用にとどまり、多くの企業では弊害を抱えながらもExcel中心でのデータ管理を行なっていると伝えている。

 今回の協業により、富士電機が提供する“現場担当者にとっての使いやすさ”を追求したBIツール「軽技Web」と、ディーバの提供する連結会計システム「DivaSystem」を組み合わせることで、管理会計・制度会計におけるDB・BIツールを組み合わせたソリューションを低コストで提供し、現場担当者が日常の様々な場面で、自由・簡単にデータを活用しできる環境を提供するとしている。

 「DivaSystem」にこれまでExcelで管理していたような様々な経営情報を蓄積し、更に「軽技Web」と組み合わせることにより、システム部門に頼ることなく情報を使うべきユーザ自身が集計・分析できる。既に「DivaSystem」を導入したユーザにおいては、低コストでの管理会計の効率化を可能にする。

 また、ディーバの経営管理エンジン「DivaSystem SMD」を活用することにより、経営情報の質を高める業務処理(各社・各業務・各システムで異なる部門や製品や勘定科目といったコード体系の整理、本社経費の配賦、内部取引消去やたな卸未実現消去といった連結処理、予実差異要因分析)を組み合わせたミドルレベルの管理会計にも対応する。

 「DivaSystem」から定型帳票で出力されていた情報(内部取引照合情報・投資と資本の消去履歴などの根拠・計算過程情報)及び、個別会計システムなど上流システムの明細データについても、「軽技Web」により様々な条件でのレポーティング・比較分析及び任意の項目でのアクセス権限制御が行なえる。また、上位階層集計の項目(グループ会社を管掌役員や業態ごとに集計してレポーティング)についても、集約対象履歴管理・最新マスタで集約しての前期比較に対応する。

 富士電機とディーバは、今回の協業における販売目標を、20社としている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

アクティブシニア市場向けサービス開発の勘所と実例を識者に聞く 【東日本電信電話】 遠隔地の異常も素早く検知、住友重機械工業の標的型攻撃対策の実態 【シマンテック】 統合バックアップソリューション 「Backup Exec」 【ベリタステクノロジーズ】 日経人事ウオッチPro 【日本経済新聞社】 ソフトウェアFT「Stratus everRun」 【日本ストラタステクノロジー】
開発環境/BaaS 検疫 バックアップツール SFA クラスタリング
今後、成長が期待されるアクティブシニア市場。その規模は23兆円との試算も。この市場で隠れたニーズを掘り起こして参入するにはどんなノウハウが必要なのだろうか。 遠隔地の異常も素早く検知、住友重機械工業の標的型攻撃対策の実態 幅広いプラットフォームとアプリケーションに対応する統合バックアップソリューション。台数ベースライセンスのほか、容量課金、仮想環境向けソケット課金にも対応。 日本経済新聞に掲載されない情報もチェック、手間なし漏れなしの人事情報活用法 2台1組のPCサーバでフォールト トレラント(FT)システムを実現。簡単・堅牢・安価に高信頼性仮想化システムを実現する可用性ソリューション。
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20044892



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ