NI+C、ビッグデータ対応のテキスト分析を月額利用制で提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NI+C、ビッグデータ対応のテキスト分析を月額利用制で提供


掲載日:2013/02/18


News

 日本情報通信株式会社(NI+C)は、企業がソーシャル・メディア上の書き込みやコールセンタに寄せられる顧客の声などのビッグデータを手軽に分析できる環境を提供するため、日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)とのライセンス契約のもと、テキスト分析アプリケーションの月額利用サービス「NI+C テキストマイニング・パック」の提供を開始した。

 「NI+C テキストマイニング・パック」では、IBMのテキスト分析ソフトウェア「IBM Content Analytics(ICA)」の機能を利用でき、最大800万件のテキスト・データを一括分析できる。また、Twitterを高速に分析する“Twitterクローラ”や、メーカが意図していない使い方を示す文書を検知する際に利用できる“意外性フィルター”など、ソーシャル・メディア上や企業内のビッグデータ分析を支援するNI+Cの独自開発機能も提供する。日本IBMのパブリック・クラウド・サービス「IBM SmarterCloud Enterprise」を活用し、システム構築不要ですぐに利用できる“クラウドサービス型(SaaS)プラン”と、データを外部に出さずに利用できる“オンプレミス型プラン”が提供され、課題に応じた利用形態を選択できる。

 クラウド型(SaaS)や月額利用制で、高機能な「ICA」の機能をリーズナブルな料金で利用でき、インターネット上の書き込みや顧客の声などのテキスト情報から必要な情報を収集、分類し、分析までを一貫して行なえる。ソフトウェア製品の機能拡張を行なうことで、数億件のソーシャル・メディアの書き込みを一括分析することもできる。また、英語や中国語、ロシア語、ポーランド語など計15言語、世界の総人口の約70%の言語に対応し、日本企業の海外進出を支援する。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「ビッグデータ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ビッグデータ」関連情報をランダムに表示しています。

「ビッグデータ」関連の製品

ビッグデータ統合・連携基盤「Talend」 【エアー】 Hadoopによるデータレイク構築がもたらす3つの重要な価値 【ホートンワークスジャパン】 オープンソース・データサイエンスツール 「RapidMiner」 【KSKアナリティクス】 YARNをコアとしたHadoopで小売事業者のビッグデータ分析を強化 【ホートンワークスジャパン】 金融企業の7つの事例にみる「Apache Hadoopの先進活用術」 【ホートンワークスジャパン】
ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ
Eclipseベースのグラフィカルな統合開発環境を使用し、データ統合からアプリケーション連携、ビジネスプロセス管理まで行える統一プラットフォーム。多数の導入実績あり。 近頃よく聞く「データレイク」って何? 最新分析メソッドを紹介 ドラッグ&ドロップの操作で高度な分析を行えるノンプログラミングのデータサイエンスツール。120種類以上のアルゴリズムや分析モデルを標準装備し、多様なニーズに対応。 “YARN”でレベルアップしたApache Hadoop、実用事例を多数公開 他社はどうHadoopを使っているか? データ活用の課題と対策

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20044842


IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ