ISID、無線LAN利用放送とエリアワンセグ放送の実験に成功

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ISID、無線LAN利用放送とエリアワンセグ放送の実験に成功


掲載日:2013/02/18


News

 株式会社電通国際情報サービス(ISID)は、独立行政法人情報通信研究機構(NICT)がさっぽろ雪まつり会場で実施した、複数種類のSDN(Software Defined Networking)切替えによる放送配信・運用実験に参加し、北海道テレビ放送株式会社(HTB)とともに、スマートフォン向け無線LAN利用放送技術とエリアワンセグ放送技術を融合したエリア限定放送の実証実験を行なったことを発表した。

 エリアワンセグは、地上デジタル放送のワンセグ・サービスの技術を利用して、限られたエリアにおいてワンセグ搭載携帯電話に映像・音声やデータを配信する技術。

 同実験により、スマートフォン、タブレット端末、ワンセグ搭載端末など、様々なモバイル端末に対応し、かつ端末台数による影響を受けないエリア限定型放送が可能であることが実証されたとしている。

 今回の実験は、2月6日、7日の2日間にわたり行なわれ、さっぽろ雪まつり大通り会場“雪のHTB広場”限定で、会場内のライブ中継や録画映像を無線LANを使って複数端末に同時配信(マルチキャスト)した。

 昨年行なった実験ではAndroid端末のみを対象としていたが、今回はiOSにも対応し、iPhone及びiPadへの映像配信に成功した。また、Android端末においては、昨年実施した映像・音声の配信に加えて、今回は字幕データ・テキスト・静止画などをデータ放送として配信することにも成功した。更に雪まつり会場では、HTBが総務省から取得した実験試験局免許を利用して、エリアワンセグ放送も合わせて実施し、同一コンテンツをスマートフォンだけでなくワンセグ搭載端末にも同時配信することに今回初めて成功した。

 実験のポイントとしては、無線LANマルチキャストとエリアワンセグを融合することで、より多くの来場者へサービスが提供でき、同一エリア内の大量の端末に映像を送信できる点を挙げている。また、無線LAN電波及びワンセグの電波が届く特定エリアにのみ配信できることや、ライブ映像と録画映像を切り替えて配信できること、離れた複数のエリアにおいて同一のコンテンツを提供できること、2.4GHz帯と5GHz帯の電波を同時に出すことで、受信しやすい電波帯が利用できることなどを挙げている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

電子印鑑サービス 「パソコン決裁Cloud」 【シヤチハタ】 無停電電源装置「Eaton UPS 9PXシリーズ」 【ダイトロン】 請求管理ロボ 【ROBOT PAYMENT】 クラウドだけでは解決できない、大規模コンテンツ配信やIoTにどう対応する? 【シュナイダーエレクトリック】 ハイブリッド化してもダウンタイムが減らない、その原因はローカルにあり 【シュナイダーエレクトリック】
ワークフロー UPS 販売管理システム データセンター運用 データセンター運用
企業での決裁業務において、従来のワークフローに乗らない主にハンコが必要な承認文書を電子化。デバイスを問わずいつでもどこでも承認文書を決裁できる電子決裁サービス Eaton独自の技術でバッテリー期待寿命5年の長寿命UPS。無償の管理ソフトウェアにより仮想環境にも対応。150カ国以上で販売され、小型UPSでは世界トップクラスのシェア。 請求・集金・消込・催促という一連の売掛金回収業務を自動化し、統合管理できるクラウド型請求管理システム。API/CSVで販売管理・会計システムの双方と連携できる。 クラウドだけでは解決できない、大規模コンテンツ配信やIoTにどう対応する? ハイブリッド化してもダウンタイムが減らない、その原因はローカルにあり
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20044824



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ