リコー、複合機・プリンタをSuicaに対応させ大学など向けに提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


リコー、複合機・プリンタをSuicaに対応させ大学など向けに提供


掲載日:2013/02/15


News

 株式会社リコーは、JR東日本メカトロニクス株式会社が提供する交通系電子マネー対応のホールド型決済端末「H-LD-10」と連携し、交通系の非接触式ICカード「Suica」でコピー・プリントサービスの決済を行なえるシステムの提供を、統合プリント管理システム「Ridoc IO Gate」のオプションとして、大学などの教育機関や図書館を中心に開始した。

 今回提供されるシステムでは、リコーの複合機・プリンタでのコピーやプリントの利用料金を、「Suica」や、ICカード学生証に定期券などの交通乗車券機能を備えた“Suica付学生証”で支払えるため、学生の利便性向上に加え、集金やカードの運用コストと管理負担の削減を図れる。クライアントPC側に特別なソフトウェアの導入や設定は不要で、シンプルな仕組みでシステムを構築できるほか、様々なタイプの運用にも柔軟に対応できる。今後もより多くの場所で非接触式ICカードを活用したコピー・プリントサービスを利用できるように、対応可能な交通系電子マネーが拡充される。

 今回同時に、「Ridoc IO Gate」の機能強化が行なわれ、対応機種が、従来のプリンタに加えデジタル複合機に拡張され、コピー出力の課金管理も行なえるほか、印刷枚数の上限や課金方法を、利用環境に応じてきめ細かく設定できる。

 「Suica」を「Ridoc IO Gate」上で利用できるため、大学などでの個別のカード管理が不要になる。また、従来のプリペイド式ICカードを利用した課金管理に加え、コインラックでの課金管理に対応しているため、図書館やオープンスペースで稼働中のコピーサービスも「Ridoc IO Gate」で管理できる。

 上限枚数を超えたユーザのみに課金する機能が追加され、課金印刷システム(オプション)で、常に課金する設定と、上限枚数を超えた場合のみ課金する設定の両方を選択できるため、上限管理と課金管理を組み合わせて、より柔軟に運用できる。また、上限枚数を月単位で期間指定する機能が追加され、年度途中にシステムを稼働させる大学や、秋入学の学生向けに、4月以外の月から上限枚数を設定でき、入学時期を問わずフレキシブルな対応を行なえる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20044774


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ