事例:双日システムズ、双日マシナリーにVMware ThinAppを導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:双日システムズ、双日マシナリーにVMware ThinAppを導入


掲載日:2013/02/13


News

 双日システムズ株式会社は、双日マシナリー株式会社のWindows 7への移行にともない、ヴイエムウェア株式会社の「VMware ThinApp」のアプリケーション仮想化ソリューションを導入し、経理システムの継続利用を可能にしたことを発表した。

 双日マシナリーは、2012年12月末までにWindows 7へクライアント環境を総入替する方針を固めていたが、同社で使用する経理システムはWindows 7へ向けたバージョンアップの作業段階であり、PCリプレイスには間に合わない状況であった。経理システムを使用するPCは約210台で、そのうち60台が既にWindows 7仕様のPCであったが、経理システムの対応バージョンに合わせてWindows XPにダウングレードしていたとしている。

 また、経理システムを継続利用するため、PCのダウングレードやMicrosoft Officeのみのバージョンアップが検討されていたが、コストや手間を考慮すると採用まで至らなっかた。そこで、双日システムズが提案したのが“「ThinApp」によるアプリケーションの仮想化”だったとしている。

 「ThinApp」はアプリケーション実行環境をOSから切り離して仮想化するソリューションであり、Windowsのバージョンに依存しない動作ができる。そのため、カスタマイズされた経理システムを改修することなく、新環境で動作させられる。検証から導入まで短期間で完了する点、双日システムズによる導入実績が豊富である点も加味し、双日マシナリーは採用を決定したと伝えている。

 その結果、双日マシナリーはWindows 7を先行導入・ダウングレードした場合と比較して、3分の1以上のコスト削減ができたとしている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー仮想化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「サーバー仮想化」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー仮想化」関連の製品

仮想化基盤とリソースを一元管理「VMware vRealize Operations」 【ソフトバンク コマース&サービス+他】 BCP/DR対策 他、課題解決に直結するITインフラ最適化 【日本ヒューレット・パッカード+他】 超速導入でも成功するハイパーコンバージドインフラ選びの秘訣 【ネットワールド】 リソース管理の弱点は? 仮想化基盤の“健康診断”が必要な理由 【ソフトバンク コマース&サービス+他】 実践企業が教える「仮想化健康診断」の賢い活用法 【ソフトバンク コマース&サービス+他】
サーバー仮想化 サーバー仮想化 サーバー仮想化 サーバー仮想化 サーバー仮想化
広く使われるようになった仮想化技術だが、仮想マシンなどの乱立で運用管理に悩み、「こんなはずじゃなかった」と嘆く担当者は多い。エキスパートが解決策を指南する。 サーバ仮想化からBCP/DR対策まで、課題解決に直結するITインフラ最適化 超速導入でも成功するハイパーコンバージドインフラ選びの秘訣 目の当たりにして驚く仮想基盤の大いなる無駄と運用最適化への道 実践企業が教える「仮想化健康診断」の賢い活用法

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20044720


IT・IT製品TOP > サーバー > サーバー仮想化 > サーバー仮想化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ