採用:日本青年会議所、会議体運営のためOffice 365を導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:日本青年会議所、会議体運営のためOffice 365を導入


掲載日:2013/02/13


News

 日本マイクロソフト株式会社は、公益社団法人日本青年会議所(日本青年会議所)が、「Microsoft Office 365」の「SharePoint Online」と「Lync Online」を採用したことを発表した。

 “明るい豊かな社会”に向けた公益事業の企画運営を行なう日本青年会議所では、常に新しいアイデアと意見を取り入れ、公平公正な体制を保ち続けるために、役員の任期を1年と定めている。この任期中に成果を出すために、常にスピーディな運営が求められる同会議所では、統一した情報共有環境が存在しないことに起因するコミュニケーションロスが課題になっていた。

 また、全国各地から出向しているメンバーが、月に1回の会議を円滑にすすめ、膨大な業務をこなしていくためにはクラウド利用が最善と考え、2012年度の運用において「Office 365」の導入に至ったとしている。

 相手のプレゼンス(在席情報)を確認しながら、Web会議やインスタントメッセージを利用できる「Lync Online」をSkypeに変わるコミュニケーションツールとして活用し、それぞれの地域にいながらも1つのドキュメントを画面上で共有しながら対話するなどコミュニケーションに役立てており、スケジュールの円滑な共有やスピード感のある会議体運営を可能にしていると伝えている。

 日本青年会議所によると、今まで様々なツールが利用されながらも議会の中で定着しなかったのは、使い方を覚えるのが大変だったからとしている。それに比べてMicrosoft Officeは広く業務で使用されていて、「SharePoint Online」や「Lync Online」はOffice製品と近い操作性であるため、直観的に使用できると伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「Web会議」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「Web会議」関連情報をランダムに表示しています。

「Web会議」関連の製品

IC3(アイシーキューブ) 【キヤノンITソリューションズ】 クラウド型Web会議サービス 「TeleOffice」 【ソフトバンク コマース&サービス】 多地点接続Web会議サービス 「MeetingPlaza」 【ソフトバンク コマース&サービス】 Revolabs USBスピーカーフォン「FLX UC 500」 【ヤマハ】 中・大規模会議 マイクスピーカーシステム「YVC-1000」 【ヤマハ】
Web会議 Web会議 Web会議 Web会議 Web会議
社内普及しやすいWeb会議システム
●優れた音声品質
●操作が簡単
●狭帯域に強い
●設定・管理が簡単
映像や音声、資料、ホワイトボードなどを、場所を選ばず、リアルタイムに共有できるクラウド型Web会議サービス。簡単操作と独自技術によるスピーディな資料共有が特長。 2001年の発売開始以来、国内外4000社超の企業に採用されているWeb会議のロングセラーサービス。多人数同時表示、多彩な資料共有機能、クリアで自然な音声通信などが人気。 6人程度の中規模Web会議に最適。話者に負担の少ない高性能マイクと高音質スピーカーで快適な遠隔コミュニケーションが可能。 マイクとスピーカーを独立させ、低音から高音までクリアに再生できるスピーカーをディスプレイの前に置くことで映像と音声の一体感を生み出し、スムーズなWeb会議を実現。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20044718


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > Web会議 > Web会議のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ