NTT Comグループ、総合リスクマネジメントサービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTT Comグループ、総合リスクマネジメントサービスを提供


掲載日:2013/02/12


News

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)グループは、セキュリティリスクの検知・分析機能を強化した「セキュリティ情報・イベント管理エンジン(SIEMエンジン)」をセキュリティ運用基盤として、ICT環境のセキュリティ対策をトータルで請け負うマネージドセキュリティサービスを高度化・低廉化し、様々なセキュリティリスクの調査・改善・モニタリングを総合的にコンサルティング・運用する「総合リスクマネジメントサービス」の提供を、3月に米国・日本で開始し、順次グローバル展開を拡大する。

 「SIEMエンジン」は、NTT Comグループのセキュリティ運用ノウハウに基づいた分析手法を活用して、高度な自動相関分析に基づくセキュリティリスクの検知や脅威レベルの自動評価機能を備えている。また、NTTのセキュアプラットフォーム研究所(NTT研究所)が開発した、長時間のログの変化から攻撃を検知する「相関通信時系列分析エンジン」や、悪性サイトを効率的に発見する「ブラックリスト共起分析エンジン」などに加え、同研究所が収集したセキュリティ情報DBが組み込まれている。

 様々なICT機器から収集される通信履歴などの膨大なセキュリティ情報を自動で相関分析できるため、セキュリティリスクの検知から影響度合いの分析、レポートを迅速に行なえ、未知の脅威の見える化に加え、漏れのないセキュリティリスクの検知・対応を行なえる。

 「SIEMエンジン」は、NTT Com、独Integralis、スウェーデンのSecodeのグループ統一のセキュリティサービスプラットフォームとして、日本・米国・欧州・アジアに展開され、地域ごとに特色のある脅威にきめ細かく対処できるほか、グローバルで検知情報を共有することで、リスクの未来予測や事前の対処などを提供できる。

 “Global Enterprise Methodology(GEM)”というグローバルで統一したリスク分析・評価手法を採用し、ICT環境の様々なリスクを洗い出し、改善計画の立案や継続的なモニタリングなどをトータルでコンサルティング・運用する総合リスクマネジメントサービスを提供する。また、セキュリティの運用体制は、現在のセキュリティオペレーションセンタ(日本・米国・シンガポール・英国・スウェーデン・ノルウェーの6ヵ所)をグローバルリスクオペレーションセンタ(マレーシアを追加した計7ヵ所)に改編し、高度なリスク分析でセキュリティ監視を行なう。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「セキュリティ診断」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「セキュリティ診断」関連情報をランダムに表示しています。

「セキュリティ診断」関連の製品

Webアプリケーション脆弱性検査ツール Vulnerability Explorer 【ユービーセキュア】
セキュリティ診断
Webアプリケーションの検査対象ページを正しく巡回し、脆弱性の診断を行う検査ツール。脆弱性の検出率が高く、目的に応じたきめ細かいレポート出力ができる。

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20044693


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > セキュリティ診断 > セキュリティ診断のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ