NCS、4GL高速アプリケーション開発ツールの新版をリリース

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NCS、4GL高速アプリケーション開発ツールの新版をリリース


掲載日:2013/02/12


News

 日本コンピュータシステム株式会社(NCS)は、4GL高速アプリケーション開発ツールの新版「PowerBuilder 12.5」(開発元:Sybase,Inc.)日本語版を正式リリースした。

 今回の新版では、2つの統合開発環境「PowerBuilder Classic」「PowerBuilder .NET」で機能が強化された。両環境にグリッドDWカラム幅の自動調節機能が備わったほか、「Classic」ではコントロールの透過と透過率、「.NET」ではScriptEditorの変更や64ビット環境への配布に対応した。

 これらにより、より充実したC/Sアプリケーションや.NETアプリケーションを構築できる。より速く、より簡単に開発できる上、ユーザの様々な要求に容易に対応できる開発環境が提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発ツール」関連情報をランダムに表示しています。

「開発ツール」関連の製品

業務システム開発の部品組み立て型開発基盤 「楽々Framework3」 【住友電工情報システム】 ビジネスとITの橋渡しをする Mendix App Platform 【ビルドシステム】 Mendix App Platform(超高速開発ツール、モデル駆動) 【ビルドシステム】 Excel関数入力ができるなら、もっと便利な業務アプリが作れる 【日本マイクロソフト】 コーディング不要の超高速開発ツール「Low-code Platform」とは 【ビルドシステム】
開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール
データ中心設計(DOA)による徹底した標準化により、開発、保守工程の生産性向上を支援する部品組み立て型の開発基盤。小規模開発から大規模基幹システムまで幅広く対応。 デジタルイノベーションをビジネスに取り込み、アイデアを素早く形にするには、開発・運用体制が肝になる。アジャイル化、内製化を推し進めるプラットフォームとは。 ソースコードを記述することなくアプリケーションを作成できる超高速開発ツール。モバイルアプリから、IoT、Cognitive対応のアプリまで、専門知識なしで容易に作成。 Excelの式入力ができるなら、同じ手間でもっと便利な業務アプリ作成ができる 「コーディングしない」開発を始めよう――生産性6倍となる秘訣

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20044688


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ