ウイングアーク、情報活用ダッシュボードを日立製DBと連携

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ウイングアーク、情報活用ダッシュボードを日立製DBと連携


掲載日:2013/02/08


News

 ウイングアーク株式会社は、情報活用ダッシュボード「MotionBoard」を、株式会社日立製作所(日立)のリレーショナルDB「HiRDB Version.9」と連携するためのアップデートモジュールの提供を開始した。

 「MotionBoard」では、様々なデータソースを意識せずに統一的な操作で、表現力に優れたダッシュボードを用いて集計分析を行なえる。「HiRDB」は、メインフレームの高信頼化技術やノウハウを継承し、“止めない”設計で開発された国産RDBMS(リレーショナルDB管理システム)。

 今回の連携により、高度な知識不要で、「HiRDB」に蓄積された基幹系データに対して様々な可視化/分析を行なえるようになる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「データ分析ソリューション」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データ分析ソリューション」関連情報をランダムに表示しています。

「データ分析ソリューション」関連の製品

音声マイニングソリューション 「VextVoiceMiner」 【ベクスト】 分析力強化をサポートするサービスがどんな場面で役に立つのか。 【新日鉄住金ソリューションズ株式会社】 マーケティング施策に足りないもの データ分析で顧客を理解する 【富士通】 ロボットがビッグデータ分析を自動化――予測分析モデルを誰でも利用可能に 【新日鉄住金ソリューションズ】 Hadoopはなぜ必要? 分析アーキテクチャ最適化4つのメリット 【ホートンワークスジャパン】
データ分析ソリューション データ分析ソリューション データ分析ソリューション データ分析ソリューション データ分析ソリューション
コンタクトセンタに蓄積された音声データを音声認識によってテキスト化し、テキスト化されたテキストデータをテキストマイニングによって分析・活用するソリューション。 「データサイエンティストが足りない」の大問題をどう乗り越える? 今のマーケティング施策に足りないものは何か?――データ分析で顧客を理解する ロボットがビッグデータ分析を自動化――予測分析モデルを誰でも利用可能に Hadoopはなぜ必要か? データ分析アーキテクチャを最適化する4つのメリット

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20044654


IT・IT製品TOP > データ分析 > データ分析ソリューション > データ分析ソリューションのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ