採用:KDDI、宮崎〜沖縄海底ケーブルに「Infinera DTN-X」を導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:KDDI、宮崎〜沖縄海底ケーブルに「Infinera DTN-X」を導入


掲載日:2013/02/07


News

 日商エレクトロニクス株式会社(日商エレ)は、KDDI株式会社が、宮崎〜沖縄間海底ケーブルの光多重伝送装置として、Infinera Corporation社(Infinera)の「Infinera DTN-X」を採用したことを発表した。

 今回の導入により、KDDIは総延長約1100kmの本区間において100Gbpsサービスを迅速で効率的に提供可能になり、4月中旬の稼働を予定している。

 KDDIでは、1997年6月より同海底ケーブルの運用を開始しているが、更なるトラフィック増加を見据え、実地検証を経て、高密度かつ100Gbpsを含む高速サービスを提供できるとして「Infinera DTN-X」の導入を決定した。同製品は簡易・迅速に容量を増設できるため、サービス種別を問わず短期間で需要に対応できることも選定要素となったとしている。

 「Infinera DTN-X」は500G光集積チップ(Photonic Integrated Circuit: PIC)とフレックス・コヒーレントプロセッサを搭載し、複雑な運用をすることなく最大8Tbpsを伝送可能な次世代DWDMプラットフォーム。500GPICにより100Gbps以上のサービス提供を可能とし、100Gbps単位の帯域をソフトウェアで起動できるInstant Bandwidthという機能を提供する。

 なお日商エレは、2012年11月、Infineraと共同で「Infinera DTN-X」及びSD-FEC機能を用いて総長800kmを超える日本国内特有のITU-TG.653準拠分散シフトファイバー(DSF)上で最大8Tbps/160波長の長距離伝送が可能であることを実証した。既に国内で導入実績がある「Infinera DTN」同様、陸上及び海底ケーブルの両市場に対しInfinera製品の販売を促進していくと伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他ネットワーク関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ネットワーク関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ネットワーク関連」関連の製品

DHCPアプライアンスサーバ シリーズ 【インフィニコ】
その他ネットワーク関連
Made in JAPANの省電力DHCPアプライアンスサーバ。シリーズ全製品、異拠点間での冗長構成が可能。IPv6対応、設定やセキュリティ機能も充実。DNSサーバ機能搭載

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20044627


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > その他ネットワーク関連 > その他ネットワーク関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ