ソフトブレーン、SFAにGoogleカレンダー連携機能を搭載

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ソフトブレーン、SFAにGoogleカレンダー連携機能を搭載


掲載日:2013/02/05


News

 ソフトブレーン株式会社は、営業支援システム(SFA)「eセールスマネージャーRemix Cloud」にGoogleカレンダー連携機能を搭載し、提供を開始した。

 今回搭載された機能では、出先やオフィスからSFAへスケジュールを登録すると、自動的にGoogleカレンダーのスケジュールへ反映され、GoogleカレンダーからSFAのスケジュールへの反映も同様に行なえる。1度の入力で全社への共有が可能になり、業務の効率化と多部門の連携強化を図れるほか、別途連携ツールが不要なのでコスト削減も図れる。

 毎日指定した時間帯に一定間隔での同期処理を設定できる。デフォルトでは過去7日/未来5年、最大で過去700日/未来5年のスケジュールを同期できる。また、全社員を同期するか、スケジュールを参照する権限を持つ社員のみ同期するかを設定できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「SFA」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SFA」関連情報をランダムに表示しています。

「SFA」関連の製品

無駄と思ってしまう日報、何のための情報共有か基本に戻り考える 【株式会社ジャストシステム】 ExcelからSFAに切り替えるべき理由を営業の視点から具体的に紹介 【株式会社ジャストシステム】 営業・保守ルート効率化、店舗検索……「Googleマップ」の活用で変わるビジネス 【富士通】 ビジネスのスピード感を失わせる「5つのボトルネック」、その解消法とは? 【セールスフォース・ドットコム】 見込み客を見つける鑑定眼を営業スタッフが持つために役立つSFA 【株式会社ジャストシステム】
SFA SFA SFA SFA SFA
「脱Excel」で強い営業チームを作る方法 Excelをやめ、SFAに切り替えるべき7つの理由 「現場に急行できる最寄りのスタッフは誰だ」「あの商品を扱っている店舗はどのエリアか」……。こうした課題は、地図サービスを活用すればもっと素早く解決できるだろう。 ビジネスのスピード感を失わせる「5つのボトルネック」、その解消法とは? 確度の高い見込み客を見つけ、受注に導く方程式を作る

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20044542


IT・IT製品TOP > 情報システム > SFA > SFAのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ