Wyse、シンクライアント専用OSの新版で無線通信などを強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Wyse、シンクライアント専用OSの新版で無線通信などを強化


掲載日:2013/02/05


News

 ワイズテクノロジー株式会社(Wyse)は、シンクライアント専用OS「Wyse ThinOS」搭載モデルすべてに対して、同OSの新バージョン「Wyse ThinOS 7.1.207」をリリースした。

 「Wyse ThinOS」は、クローズドアーキテクチャに基づいたファームウェアで、ウイルスやマルウェアなどの攻撃を受ける可能性があるAPIが非公開のセキュアな設計を採用している。今回の新バージョンでは、無線通信などの機能が強化され、従来以上に様々な導入シナリオに対応できる。

 無線通信でアクセスポイントのIDとして利用されるSSIDを最大8個まで登録できる。SSIDの数が増加したことで、接続先の登録と選択を行なえ、X10jやX10cjなどのラップトップ型端末導入時の無線環境にも、より柔軟に対応できる。

 ARMプラットフォームモデルのT10/X10j/X10cj製品で、オフライン時のキャッシュが有効になり、オフライン時も端末構成ファイルへのローカルアクセスを確保できるため、ファイルサーバ障害時の冗長性や、WAN越えのネットワークからの接続への対応など、ユースケースが拡大される。

 様々な端末を一元的に管理するクラウドベースのサービス“Cloud Client Manager”の機能に対応し、Wyse ThinOS端末を登録して、同サービスからゼロコンフィグレーションで集中管理を行なえる。なお、日本国内での同サービスの提供時期は未定。

 DHCPオプションで配信できる情報として、Cloud Client Manager配信用のオプションタグと、WDMサーバFQDN名配信用のオプションタグを指定でき、モバイル端末を含む様々な端末を一括管理できることで、管理者による中央からの集中管理の利便性が更に向上する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「シンクライアント」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「シンクライアント」関連情報をランダムに表示しています。

「シンクライアント」関連の製品

利便性とセキュリティに優れたワークスペースを利用する“WaaS” 【横河レンタ・リース】 HP Moonshot HDI シンクライアントソリューション 【アクシオ】 川口信用金庫が400台のPCをシンクライアントに移行した理由 【パラレルス】
シンクライアント シンクライアント シンクライアント
ワークスタイル変革を掲げVDIを導入してもその効果を発揮できない企業も多い。そこで利便性とセキュリティに優れたワークスペースを利用する“WaaS”が注目されている。 HDI(Hosted Desktop Infrastructure)は、継続したパフォーマンスを提供できるハードウェア占有型のシンクライアントソリューション。ネットワーク分離用途にも適用可能。 川口信用金庫が400台のPCをシンクライアントに移行した理由

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20044521


IT・IT製品TOP > 仮想化 > シンクライアント > シンクライアントのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ