採用:オープンアソシエイツ、ソースポッドのメール対策を導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:オープンアソシエイツ、ソースポッドのメール対策を導入


掲載日:2013/02/04


News

 株式会社ソースポッドは、オープンアソシエイツ株式会社がソースポッドのクラウドメール誤送信対策「SPC Mailエスティー」をOffice 365環境で導入したことを発表した。

 新規事業立ち上げ支援などのビジネスプロデュース事業を展開するオープンアソシエイツでは、コンサルティング業務に関わる機密情報の取り扱いが多く、またPマーク取得事業者であり、顧客からのメール誤送信対策実施の要請などを背景に、Office 365環境でメール誤送信対策の導入を検討していた。

 同社が幾つかの会社から話を聞いたところ、Office 365については実績が無かったり、連携ができるかどうかわからないといった会社が多かったが、ソースポッドのクラウドメール誤送信対策「SPC Mailエスティー」は、Office 365環境に対応し、NTTソフトウェア社開発の「CipherCraft/Mail」をクラウドで、かつ1ユーザ100円からという価格で利用できるということで、導入を決定したとしている。

 運用は2012年7月から開始し、社外宛メールの宛先チェックや添付ファイル暗号化などの機能を利用している。また、「SPC Mailエスティー」を導入してからは、メール誤送信の報告がなくなったとしている。

 ソースポッドでは、Office 365環境でも高機能のメール誤送信対策を“手軽に・すぐに・リーズナブルに”提供することで、企業や法人のメールによる情報漏えいの削減を支援していくと伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「メールセキュリティ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メールセキュリティ」関連情報をランダムに表示しています。

「メールセキュリティ」関連の製品

メールセキュリティの新常識 高度に偽装された不正リンクもリアルタイム検出 【シマンテック】 標的型メール攻撃対策ソリューション Active! zone 【クオリティア】 制裁金は全売上高の4%、施行迫る「GDPR」で日本企業が考えるべき5つのステップ 【日本プルーフポイント株式会社】 サイバーエージェントがメール誤送信対策で信頼獲得と営業力を強化できた理由 【クオリティア】 メールセキュリティソリューション Proofpoint 【双日システムズ】
メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ
メールセキュリティの新常識 高度に偽装された不正リンクもリアルタイム検出 メールによるウイルスや標的型攻撃を無害化するソリューション。業務上必要なメール運用の妨げとならないような機能を搭載し、安全性と業務効率を両立する。 制裁金は全売上高の4%、施行迫る「GDPR」で日本企業が考えるべき5つのステップ サイバーエージェントがメール誤送信対策で信頼獲得と営業力を強化できた理由 クラウド型サンドボックスによりメールを介した未知の標的型サイバー攻撃を検知し、悪意ある添付ファイルやURLをブロックする「Targeted Attack Protection」などを提供。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20044504


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ