日本IBM、IBMパートナーを表彰する賞の受賞パートナーが決定

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、IBMパートナーを表彰する賞の受賞パートナーが決定


掲載日:2013/02/04


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は1月30日、新規市場の開拓、先進的なソリューションへの取り組みなどにより、ユーザに高い価値を提供するとともに、IBMビジネスに顕著な貢献をしたIBMパートナーを表彰する“IBMエクセレント・パートナー・アワードJapan 2012”の受賞パートナーを決定したことを発表した。受賞パートナーは、5部門20分野で計18社となる。

 “IBMエクセレント・パートナー・アワードJapan”は、IBMビジネス・パートナー契約を締結、もしくはIBMのパートナー制度である“IBM PartnerWorld”へ登録しているIBMパートナーを対象にした表彰制度。IBM製品・サービスを幅広く活用した総合部門と、中堅市場におけるビジネス、ならびに個別の製品・サービスで選定される特定分野部門の4部門を設定し、それぞれIBM製品などの販売額、IBM認定資格取得者数などに加え、新しいビジネス分野や先進ソリューション領域における事例公募を元に決定するもの。従来のパートナー向け各種表彰制度を統合し、2009年度から開始したとしている。

 第4回となる今回は、2012年度通年(1月〜12月)におけるIBMパートナーのビジネス、案件を対象に審査を行ない、総合部門5分野においては下記の通り受賞パートナーを決定した。

 エクセレント・パートナー・オブザイヤー(2012年のIBMビジネスに顕著な貢献をしたパートナー)は日本情報通信株式会社となった。

 エクセレント・ディストリビューター・オブザイヤー(2012年のIBMビジネスに顕著な貢献をしたディストリビューター)は株式会社イグアスとなった。

 イノベーション・パートナー・オブザイヤー(IBMソリューションを活用してSmarter Planetを実現し、お客様や市場に新しい価値を提供したパートナー)は株式会社ナイスとなった。

 ビジネス・チャレンジ・パートナー・オブザイヤー(IBMソリューションを活用する案件を自ら発掘、獲得し、顕著な功績を残したパートナー)はJBCC株式会社となった。

 ハイスキル・パートナー・オブザイヤー(スキル習得に努め、多くのIBM認定資格を取得したパートナー)は株式会社CSIソリューションズとなった。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

IoTのハードルを飛び越えるには企画〜開発までどう進めるべきか 【ソフトバンク】 次世代データセンターの能力を決める6つの要件とは 【ネットアップ】 5つの原則に見る、次世代データセンターの姿とは 【ネットアップ】 インバウンドに最適ソリューション!観光ルート提案サービス 【駅探】 事例で検証! Office 365 はコミュニケーション活性化の切り札か 【大塚商会/日本マイクロソフト】
無線LAN データセンター運用 データセンター運用 その他開発関連 グループウェア
IoTのハードルを飛び越えるために、企画から開発までどう進めるべきか? 6つの要件から理解するストレージのQoS、次世代データセンターの能力を決める鍵 5つの原則に見る、従来型データセンターの課題と次世代データセンターの姿 インバウンドに最適ソリューション!観光ルート提案サービス 事例/ Office 365で変えていく。社内コミュニケーションの質と量
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20044497



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ