採用:日本生命、会計システムの構築にオラクルのERP製品を採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:日本生命、会計システムの構築にオラクルのERP製品を採用


掲載日:2013/02/01


News

 日本オラクル株式会社は、日本生命保険相互会社(日本生命)が次期会計システムの構築にあたり、オラクルのERP製品「Oracle E-Business Suite」を採用したことを発表した。

 日本生命は、2012年4月より3ヵ年経営計画“みらい創造プロジェクト”をスタートし、新しい保険サービスの展開や、収益力と自己資本強化を図ることで、市場からの継続的な信頼を獲得することに取り組む中、複雑化・高度化する会計制度への対応などの観点から新たな経営情報基盤の構築を決定し、次期会計システムとして「Oracle E-BusinessSuite」を採用したとしている。

 また、国内外の金融機関における導入実績、補助簿・複数帳簿構成や管理項目設定の柔軟性などにより生命保険会社特有の要件に対応可能な点、また標準技術を活用したIT基盤により他システムとの連携が容易な点などを評価した結果、同製品の採用を決定したと伝えている。

 次期会計システムは、主計部門のみならず、各部・支社なども含めた日常的な会計総務業務や決算業務を幅広く対象とし、その業務効率化とともに、会計情報を活用した内部統制・ガバナンスの強化や経営管理の高度化などを図り、更に今後の法規制などの改正にも対応できるよう、経営情報基盤としての拡張性と柔軟性を確保していくとしている。

 同システムは、2015年度より稼働開始する予定としている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

経営基盤ソリューション 『 SuperStream-NX 』 【スーパーストリーム】 統合業務ソフトウェア OBIC7 【オービック】 Plaza-i:海外進出企業向けERPパッケージ 【ビジネス・アソシエイツ】 Oracle ERP Cloud 【日本オラクル】 外食業向けクラウド型店舗トータルサービス 「FOOD-LINK R2.5」 【東計電算】
ERP ERP ERP ERP ERP
◎会計:完全Web対応の優れた操作性 / 日本の法制度に迅速に対応/多言語・多通貨によるグローバル対応
◎人事給与:高度なタレント管理、人材の適性配置・育成を実現
会計・人事・販売・生産の各業務システムは個別導入が可能。様々な業種に対応するテンプレートをもつ統合業務ソフトウェア。 多通貨、バイリンガル表示・出力、複数会社管理、複数会計基準に標準対応した、ライセンス料金を気にせず事業会社がいくつでも追加できるERPパッケージ。【直販のみ】 幅広い業種・業態における財務、調達、プロジェクト管理などの業務プロセスを最適化。短期間で導入でき、コスト効果の高いクラウドERP製品。 外食産業界に業種特化したパッケージ群からなるASP型ERPパッケージ。各サブシステムを組み合わせることで、低価格でユーザニーズに応えるシステム構築が可能。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20044459


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ