SBM、衛星電話サービスを開始、専用端末も発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SBM、衛星電話サービスを開始、専用端末も発売


掲載日:2013/02/01


News

 ソフトバンクモバイル株式会社(SBM)は、アラブ首長国連邦のThuraya Telecommunications Company(スラヤ)が提供する衛星通信設備を利用して、災害時など、従来の一般携帯電話は圏外になるような場所や状況でも、衛星回線を介して通信を行なえる衛星電話サービスを2月下旬以降に開始する。また、同サービス用の料金プランを導入し、専用端末「SoftBank 201TH」(スラヤ製)を発売する。

 「SoftBank 201TH」は、幅約53mm×厚さ26.5mm×高さ128mm/重さ約193g(バッテリ含む)で、音声通話/SMS/データ通信(ダイヤルアップのみ)の通信機能を備えている。生活防水/防じん(IP54)に対応している。スラヤのサービス提供エリアは、北南米などの一部の国と地域を除く全世界で、日本のエリアカバー率は100%。

 料金プランは、契約期間2年(自動更新)の「衛星電話バリュープラン」と、契約期間なしの「衛星電話プラン」が用意されている。基本使用料は、それぞれ4900円、9800円。また、音声通話料とSMS通信料の割引オプションサービスが提供され、月2000円の定額で、国内発の音声通話料が1分40円、SMS通信料が1通20円に割引される(海外発は割引対象外)。留守番電話/割込通話/グループ通話/請求書オプション/通話料明細書も提供される。



出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20044450


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > 携帯電話 > 携帯電話のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ