アンドール、ハイパフォーマンス2次元CADシステムの新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アンドール、ハイパフォーマンス2次元CADシステムの新版を発売


掲載日:2013/01/31


News

 アンドール株式会社は、ハイパフォーマンス2次元CADシステム「CADSUPER FX II バージョン8」を2月12日に発売する。価格は68万円(保守料別途)。

 「CADSUPER FX II」は、3次元処理も行なえるハイエンド2次元CADシステム。今回の「バージョン8」は、Windows 8に対応し、タッチパネル操作に対応した。また、流用設計に利用できる2次元パラメトリック機能や図面データのセキュリティ機能を搭載したほか、図面に配置された3次元データの有効活用などを行なえ、快適な操作性で生産性向上を図れる。

 2次元パラメトリック機能が搭載され、作図機能(変形機能)の操作性で、図面内の図形を素早くパラメトリックデータ化できるほか、部品登録不要でパラメトリックデータ化でき、他図面で作成したパラメトリックデータも活用できる。パラメトリックデータを変更する際は、変更する部分がハイライトされ、変更される個所が直感的に分かる操作性を備えている。また、Windows 8に対応し、パーニング・ズーミング・原図・再表示などのタッチパネル操作に対応したほか、コンバーチブルPCでもCADを利用できる。

 3D図面展開機能では、設計者が意図する3面図・6面図投影を簡単に作成できる。2次元図面内に3次元データを保持しているため、3次元データを2次元図面に投影後、立体図作成や断面図作成などを簡単に操作でき、2次元図面内にある3次元データの切り離しや別ファイルへの保存を行なえる。

 操作性も強化され、マウスジェスチャにレイヤ切替機能が搭載され、レイヤ切替作業の動作が削減された。レイヤパネルにレイヤ表示状態の表示色を表示させる機能や、レイヤ分割表示動作時、マウス操作以外にキーボード指定でウィンドウを最大化する機能に加え、未使用(要素がない)レイヤの一括最適化(レイヤの削除)を行なえ、図面情報の軽量化と直感操作が図られている。また、表示機能では、要素選択の間違いなどを低減するために、一直線上にある要素を手動で結合する機能などを搭載し、目的の要素を瞬時に選択できる。

 オプションで、ファイルプロテクションシステム「TotalFileGuard」に対応し、PCの持ち出しや自社海外工場や協力会社に安全にデータを送信・使用できるほか、CADデータを中間ファイルに出力した際にも同様に制御できる。


出荷日・発売日 2013年2月12日 発売
価格 68万円(保守料別途)

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CAD」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CAD」関連情報をランダムに表示しています。

「CAD」関連の製品

3次元CAD「SOLIDWORKS」 【NEC】
CAD
豊富な2次元/3次元設計機能を備え、直感的な操作と高パフォーマンスを実現した3次元CAD。価格と機能のバランスの取れたミッドレンジ製品であり、国内トップシェアを誇る。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20044442


IT・IT製品TOP > PCソフト > CAD > CADのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ