JBAT、ビッグデータ活用で予測分析できるクラウドサービスを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


JBAT、ビッグデータ活用で予測分析できるクラウドサービスを発売


掲載日:2013/01/31


News

 JBアドバンスト・テクノロジー株式会社(JBAT)は、企業の成長戦略を支援する予測分析が可能な「分析クラウドサービス」を2月1日に発売する。価格は1ユーザ月額5600円から。

 「分析クラウドサービス」では、SNSなどWeb上のマーケットデータや、コンピュータ以外の機器に蓄積されるログやセンサデータなどの“ビッグデータ”を、基幹系のDBと連携できる。

 要望に応じて「Cloud DWH(Data WareHouse)」などのビッグデータを取り込む各種サービスと連携し、例えば“口コミや評判などの市場トレンドを新商品の企画へ取り入れるとどうなるか?”“温度や湿度のセンサデータと気象予報と来場者数を組み合わせるとどうなるか?”などの新しい気づきを促せる。これにより、“これまでどうだったか?”(過去−問題分析)や“いまどうなっているか?”(現在−状況分析)に加え、“これからどうなるのか?”(未来−予測分析)についても支援する。

 クラウド環境から提供されるため、インフラ構築や導入作業が不要ですぐに利用を開始でき、必要な時に必要なだけ利用できるため、投資を抑えられる。また、社内の基幹データをクラウド上に置かずに安全に活用できるほか、iPadやAndroidなどのスマートデバイスからデータを参照/活用できる。


出荷日・発売日 2013年2月1日 発売
価格 1ユーザ月額5600円〜

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「ビッグデータ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ビッグデータ」関連情報をランダムに表示しています。

「ビッグデータ」関連の製品

ビッグデータ時代の分析基盤はリアルタイム分析で好機をつかむ 【ホートンワークスジャパン】 オープンソース・データサイエンスツール 「RapidMiner」 【KSKアナリティクス】 ビッグデータ分析の基盤となるデータフロー管理を迅速化する方法 【ホートンワークスジャパン】 Apache Hadoop データプラットフォーム Hortonworks Data Platform 【ホートンワークスジャパン】 金融企業の7つの事例にみる「Apache Hadoopの先進活用術」 【ホートンワークスジャパン】
ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ
進化が速い「Hadoop」に情シスはどう対応する? 解決の近道とは ドラッグ&ドロップの操作で高度な分析を行えるノンプログラミングのデータサイエンスツール。120種類以上のアルゴリズムや分析モデルを標準装備し、多様なニーズに対応。 分析工数のほとんどを、データ形成に奪われている気がする…… Hadoop開発プロジェクトのコアメンバーが揃うHortonworksが提供するデータプラットフォーム。Hadoopによるソリューションから要求される各種機能を提供する。 他社はどうHadoopを使っているか? データ活用の課題と対策

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20044436


IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ