SCSK、ERPパッケージとプライマルの連結会計の製品連携を強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SCSK、ERPパッケージとプライマルの連結会計の製品連携を強化


掲載日:2013/01/31


News

 SCSK株式会社は、自社開発のERPパッケージ「ProActiveE2」とプライマル株式会社が開発・提供する連結会計システム「Conglue」との製品連携を強化すると発表した。

 今回の連携により、ダイレクトな会計データの連携を可能にし、国際財務報告基準(IFRS)対応をはじめとする、連結決算における業務の効率化と決算早期化を支援するとしている。

 「ProActive E2」は、連結決算の早期化、連結経営のスピード化を実現する“グループ統一システム導入”などの事例があるとしている。「Conglue」は、データ収集(グループ経営情報管理)〜連結処理〜レポーティング・開示までをシームレスに統合したワンストップ型の連結会計システム。

 同社によると、将来的に対応が求められるIFRSは、現在連単分離で適用する方向で議論が進んでおり、適用対象企業におけるシステム対応には連結会計システムの活用が必要であるとし、連結決算早期化に向け「ProActiveE2」と「Conglue」は、会計データの疎結合での連携をしていたが、“個社決算データ集計業務負荷の更なる軽減”や“連結財務諸表から個社の財務諸表までのトレーサビリティの実現”に対する利用者ニーズの高まりに応えるため、今回の製品連携の強化に至ったと伝えている。

 同連携により、新たに「ProActiveE2」が管理する会社別の仕訳伝票明細データを「Conglue」へダイレクトにデータ連携することで、グループ各社からの決算情報収集期間の短縮と業務効率改善を図ることができ、決算早期化を支援する。

 将来的には、連結財務諸表からグループ各社の仕訳伝票明細までをトレースできる“ドリルスルー機能”の提供を予定しており、会計情報の正当性の確認など、根拠となる明細情報までの容易なトレースを目指す。

 なお、「ProActiveE2」の導入企業である電気興業株式会社では「Conglue」との連携実績があり、財務情報からの転記(二重入力)による作業負荷を軽減でき、併せて転記誤りによるリスクが減ったことによる内部統制上のメリットを得たという評価を得たと伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

次世代事業継続ソリューション「Veritas Resiliency Platform」 【ベリタステクノロジーズ合同会社】 ファイルサーバ統合管理システム「GDMS」 【ジャストシステム】 ファイルサーバー管理ツール「GDMS」 【ジャストシステム】 肥大化するデータをどう対処する? ファイルサーバの課題とは 【ジャストシステム】 x86サーバのキーマンによる対談からx86サーバの魅力を解説 【レノボ・ジャパン株式会社】
バックアップサービス サーバー管理 サーバー管理 サーバー管理 PCサーバ
企業に眠るデータから洞察を引き出すための4ステップ 肥大化したファイルサーバを素早く「状況把握」「整理」するシステム。アクセス権の設定や変更、申請・承認フローまで自動化し、アクセス権管理を一元化する機能も有する。 肥大化したファイルサーバの状況を「素早く可視化」し、「簡単操作で整理」できる管理システム。アーカイブやアクセス権管理機能も搭載。 肥大化するデータをどう対処する? 読者に聞いたファイルサーバの課題とは どのベンダーで買っても同じか? キーマンが語るx86サーバの今と未来
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20044420



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ