NTTデータ、OpenFlowを簡易に導入できるフレームワークを発売

IT・IT製品TOP > 仮想化 > SDN > SDNのITニュース > ニュース詳細
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTデータ、OpenFlowを簡易に導入できるフレームワークを発売


掲載日:2013/01/31


News

 株式会社NTTデータは、ソフトウェアでネットワークを柔軟に制御できるSoftware-Defined Networking(SDN)のネットワーク基盤技術“OpenFlow”を簡易に導入できるソフトウェアフレームワーク「バーチャルネットワークコントローラ バージョン2.0」を2月28日に発売する。

 「バーチャルネットワークコントローラ バージョン2.0」では、仮想ネットワークを構築・制御する機能を備えているほか、ニーズに適したネットワークを構築できるOpenFlowコントローラの開発を行なえる。

 OpenFlowスイッチと通信するVNC(Virtual Network Controller)-NOSと、スイッチングなどのネットワーク機能を提供するVNC-AP(Application)で構成されている。VNC-NOSの機能は、VNC-NOS API(Application Programming Interface)を通して利用でき、サードパーティーがVNC-APを自由に実装できるアーキテクチャを採用している。

 VNC-NOSが各ベンダのスイッチ仕様の違いを吸収するため、VNC-APは各社スイッチとの接続性の意識は不要で、ネットワーク構築を行なう事業者は、スイッチの仕様にとらわれずに、顧客のニーズを満たすネットワーク機能を柔軟に構築できる。また、VNC-Standard APとして仮想ネットワークを構築・制御する機能が提供され、同APは、OpenStackと連携することで、VNC-APの新規開発不要でクラウドサービスを構築できる。


出荷日・発売日 2013年2月28日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「SDN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SDN」関連情報をランダムに表示しています。

「SDN」関連の製品

ネットワーク仮想化が当たり前になっていない理由 【ヴイエムウェア+他】 中堅・中小企業にこそメリット、ネットワーク仮想化にまつわる3つの成功談 【ヴイエムウェア+他】 物理ネットワークは問題だらけ!? ネットワークも仮想化すべき理由 【ヴイエムウェア+他】 仮想ネットワーク利用のハードルを下げる オーケストレーションの重要性 【ヴイエムウェア+他】
SDN SDN SDN SDN
サーバ、ストレージに続く仮想化の第3の波である「ネットワーク仮想化」。ネットワークは仮想化するべきなのか? スペシャリストたちが本音で語る。 「中堅・中小企業にネットワーク仮想化は不必要」という考えは誤りだ。ネットワーク仮想化によって、高いセキュリティと運用の効率化を実現した組織の成功談を紹介する。 サーバは仮想化していても、ネットワークは物理環境のままという企業は多い。だがそれではビジネスの変化に追随できない。物理ネットワークの運用は限界にきている。 仮想ネットワーク利用のハードルを下げる オーケストレーションの重要性

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20044412


IT・IT製品TOP > 仮想化 > SDN > SDNのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ