NTTデータ、OpenFlowを簡易に導入できるフレームワークを発売

IT・IT製品TOP > 仮想化 > SDN > SDNのITニュース > ニュース詳細
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTデータ、OpenFlowを簡易に導入できるフレームワークを発売


掲載日:2013/01/31


News

 株式会社NTTデータは、ソフトウェアでネットワークを柔軟に制御できるSoftware-Defined Networking(SDN)のネットワーク基盤技術“OpenFlow”を簡易に導入できるソフトウェアフレームワーク「バーチャルネットワークコントローラ バージョン2.0」を2月28日に発売する。

 「バーチャルネットワークコントローラ バージョン2.0」では、仮想ネットワークを構築・制御する機能を備えているほか、ニーズに適したネットワークを構築できるOpenFlowコントローラの開発を行なえる。

 OpenFlowスイッチと通信するVNC(Virtual Network Controller)-NOSと、スイッチングなどのネットワーク機能を提供するVNC-AP(Application)で構成されている。VNC-NOSの機能は、VNC-NOS API(Application Programming Interface)を通して利用でき、サードパーティーがVNC-APを自由に実装できるアーキテクチャを採用している。

 VNC-NOSが各ベンダのスイッチ仕様の違いを吸収するため、VNC-APは各社スイッチとの接続性の意識は不要で、ネットワーク構築を行なう事業者は、スイッチの仕様にとらわれずに、顧客のニーズを満たすネットワーク機能を柔軟に構築できる。また、VNC-Standard APとして仮想ネットワークを構築・制御する機能が提供され、同APは、OpenStackと連携することで、VNC-APの新規開発不要でクラウドサービスを構築できる。


出荷日・発売日 2013年2月28日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「SDN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SDN」関連情報をランダムに表示しています。

「SDN」関連の製品

ネットワーク仮想化の評価計測、「仮想プロバイダーエッジルーター」の役割 【インテル】 通信事業のためのネットワーク仮想化、セキュリティとパフォーマンスを両立せよ 【インテル】 激しい競争が続く通信業界、ネットワーク仮想化によるコスト削減効果は? 【インテル】 ランサムウェア対策や情報漏えい対策に失敗した企業は、何が間違っていたのか? 【ダイワボウ情報システム+他】 ネットワーク仮想化の評価計測、「仮想ファイアウォール」の役割 【インテル】
SDN SDN SDN SDN SDN
ネットワーク仮想化の評価計測、「仮想プロバイダーエッジルーター」の役割 通信事業のためのネットワーク仮想化、セキュリティとパフォーマンスを両立せよ 激しい競争が続く通信業界、ネットワーク仮想化によるコスト削減効果は? サイバー攻撃による情報漏えいや業務停止といった被害が後を絶たない。多くの企業は“鉄壁な防御”を目指して対策を進めているはずなのに、なぜ被害がなくならないのか。 ネットワーク仮想化の評価計測、「仮想ファイアウォール」の役割

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20044412


IT・IT製品TOP > 仮想化 > SDN > SDNのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ