PSTC、帳票OCRソフトの新版で認識精度などを向上

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


PSTC、帳票OCRソフトの新版で認識精度などを向上


掲載日:2013/01/30


News

 パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社(PSTC)は、帳票OCRソフトの新バージョン「帳票OCR Ver.7」を発売した。

 「帳票OCR」では、スキャンした注文書/勤怠管理表/アンケートなどの帳票画像から、活字/手書き文字/チェックマーク/バーコード/QRコードなどを認識し、編集可能な電子データに変換できる。また、帳票画像のファイル名自動設定やフォルダ振り分け、自動分割などの、リネーム/保存機能も備えている。

 今回の新バージョンでは、認識精度が向上し、日本語第2水準漢字の活字に完全対応した(手書き文字は一部のみ対応)。また、ファイル名自動設定やフォルダ振り分けの設定の条件が拡充されたほか、サーバOSに対応し、大規模なOCR認識システムの構築が可能になった。

 オプション製品を使用することで、複数人数での同時作業分担を支援する複数端末認識機能や、申込書などの住所入力を支援する住所変換機能を利用できる。

 価格は、クライアント版が41万7900円から、サーバ版が210万円から(いずれも税込)。


出荷日・発売日 2013年1月29日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「電子帳票システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「電子帳票システム」関連情報をランダムに表示しています。

「電子帳票システム」関連の製品

Create!Form 【インフォテック】 Web対応電子帳票システムe-COOD 【日商エレクトロニクス】 xoBlos(ゾブロス) 【デジタル・インフォメーション・テクノロジー】 biz-Stream v4 【ブレインセラーズ・ドットコム】 帳票出力サービス プリントクリエイター 【ソフトバンク コマース&サービス】
電子帳票システム 電子帳票システム 電子帳票システム 電子帳票システム 電子帳票システム
簡単な作業ステップで作成できる帳票設計・出力支援ソフトウェア。
グラフやバーコードなど多様な表現が可能。
PDF・HTML・プリンタ印刷で高速な出力を実現。
Web対応の電子帳票システム。セキュリティ強化やワークフローなどオフィスのペーパーレス化を推進してきた日商エレクトロニクスのノウハウが盛り込まれている。 「Excelの優れた特性は生かしたいが、業務で使っている膨大なファイルの数に埋もれてしまっている」といった課題を解決するExcel業務改善ソリューション。 シンプルで導入しやすいライセンス体系のオンデマンドWeb帳票ソリューション。デザイン性に富んだ帳票が簡単に作成でき、PDF、CSV、印刷など、多様な形態で出力可能。 kintoneと連携し、帳票や各種資料の印刷を行うことができるサービス。
出力枚数、利用ユーザー数は無制限。固定料金で安心して利用することができる。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20044398


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 電子帳票システム > 電子帳票システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ