採用:JR博多駅にシャープのデジタルサイネージ用液晶を納入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:JR博多駅にシャープのデジタルサイネージ用液晶を納入


掲載日:2013/01/29


News

 シャープ株式会社は、薄型の60V型液晶ディスプレイを50台使用したサイネージシステムを、JR博多駅構内のメインコンコースに納入したことを発表した。運用開始は2013年1月28日となる。

 今回納入したシステムは、本体の奥行きを従来機に比べ60%以上スリム化した新型の液晶ディスプレイ(PN-R603)を採用し、四方をガラスで囲われた26本の柱の内側に、液晶ディスプレイを吊り下げた状態で設置している。

 同社のコンテンツ配信/表示システム「e-Signage Pro」を活用し、液晶ディスプレイの設置場所や時間帯に応じて表示内容を細かく切り替えられ、博多駅の利用者に向けた情報発信に活用される予定としている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20044376


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > デジタルサイネージ > デジタルサイネージのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ