シマンテック、2013会計年度第3四半期の決算を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


シマンテック、2013会計年度第3四半期の決算を発表


掲載日:2013/01/29


News

 米シマンテック コーポレーション(シマンテック)は1月23日、2013会計年度第3四半期 (2012年12月28日締め)の業績を発表した。2013会計年度第3四半期の売上は、GAAPベースで17億9000万ドル、前年同期比で4%増(為替変動の影響調整後で5%増)となった。

 また、シマンテックは、取締役会長と最高経営責任者の職務を分離したことを発表した。これにより、取締役のダン・シュールマン氏が代表権のない会長職に就任し、スティーブ・ベネット氏は引き続き社長兼最高経営責任者を務める。

 GAAPベースの営業利益率は16.6 %で前年同期比90ベーシスポイント減、GAAPベースの純利益は2億1200万ドルで前年同期比12%減、GAAPベースの希薄化後1株当たり利益は0.30ドルで前年同期比6%減となった。GAAPベースの繰延売上は38億600万ドルで前年同期比4%増(為替変動調整後も同じ)となった。

 営業活動によるキャッシュフローは4億6300万ドルで前年同期比15%増。2013会計年度第3四半期末時点の現金・現金等価物・短期投資は42億5000万ドルとなった。今四半期中、同社では自社株1100万株を平均価格17.94ドル(総額2億ドル相当)で買い戻した。取締役会承認済みの現在の株式買戻しプランの残額は2億8300万ドルである。

 非GAAPベースの営業利益率は25.6%で前年同期比60ベーシスポイントの低下(為替変動調整後では80ベーシスポイントの低下)。これは、一部の分野においてユーザニーズに応えるための投資が増加したためと伝えている。非GAAPベースの純利益は3億1300万ドルとなった。非GAAPベースの希薄化後1株当たり利益は0.45ドルで前年同期比7%増となった。

 一般消費者向け事業は全売上の30%を占め、前年同期比1%増(為替変動調整後では2%増)。セキュリティ&コンプライアンス グループは全売上の29%を占め、前年同期比3%増(為替変動調整後で4%増)。ストレージ&サーバー マネジメント グループは全売上の37%を占め、前年同期比8%増(為替変動調整後で9%増)。サービス グループは全売上の4%を占め、前年同期比10%増(為替変動調整後で9%増)となった。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

「Spark」を動画で徹底解説、高速ビッグデータ分析環境を簡単に構築する方法 【日本アイ・ビー・エム株式会社】 サイト構築の工数・コストの課題を解消――多機能CMSでデータ連携も手軽に実現 【メガ・トレード】 デジタルビジネス実現への道「クラウド運用のホワイトボックス化 8つの極意」 【日本電気】 「OpenStack」だけでは実現できない“7割の要件”にどう対応する? 【日本電気】 SAPの次世代クラウドアプリケーションを支えるITインフラとは? 【レノボ・ジャパン株式会社】
ビッグデータ CMS IaaS/PaaS プライベートクラウド Windows
「Spark」を動画で徹底解説、高速ビッグデータ分析環境を簡単に構築する方法 サイト構築の工数・コストの課題を解消――多機能CMSでデータ連携も手軽に実現 デジタルビジネス実現への道「クラウド運用のホワイトボックス化 8つの極意」 「OpenStack」だけでは実現できない“7割の要件”にどう対応する? SAPの次世代クラウドアプリケーションを支えるITインフラとは?
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20044350



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ