日立、サーバ仮想化分野で日本マイクロソフトと連携を強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立、サーバ仮想化分野で日本マイクロソフトと連携を強化


掲載日:2013/01/29


News

 株式会社日立製作所は、、サーバ仮想化分野における日本マイクロソフト株式会社との連携を強化することを発表した。

 今回の連携強化で、日本マイクロソフトが提供する仮想化機能「Microsoft Windows Server 2012 Hyper-V」と日立の統合サービスプラットフォーム「BladeSymphony」に搭載されているサーバ論理分割機構“Virtage”の組み合わせで、効率的なクラウドコンピューティング運用を可能にするソリューションの開発、提供に向けて、“Virtage for Hyper-Vソリューションセンター”を共同開設し、2013年度上期(4〜9月)にソリューションの提供を開始すると伝えている。

 “Virtage”は、論理的に分割した独立性の高いサーバ区(LPAR)間の高い独立性を可能にし、物理サーバと同等の信頼性を確保できる、日立が独自に開発したサーバ論理分割機構。LPAR上でサーバ仮想化ソフトウェアを安定的に動作させる技術を搭載し、マルチテナント(1つのITシステム環境を、複数の企業・部門のシステムやアプリケーションで共同利用する環境)のクラウドシステムにおいて、高い集約性とテナント間の独立性の両立を可能にした。

 「Microsoft Windows Server 2012 Hyper-V」は、データセンタからクラウドまでをカバーするソリューションによってスケーラビリティとパフォーマンスの向上を可能にする仮想化プラットフォーム。
 
 今回、日立と日本マイクロソフトは、LPAR上での複数のサーバ仮想化ソフトウェアの安定的な動作を可能にする“Virtage”の技術に、「Hyper-V」を適用できることを共同で検証したとしている。 

 両社は、新たに共同開設したセンタにおいて、同検証結果をもとに、「Hyper-V」と“Virtage”の組み合わせで、「高信頼サーバ仮想化ソリューション for Hyper-V」を開発し、提供するとしている。

 「高信頼サーバ仮想化ソリューション for Hyper-V」は、クラウドサービス事業者のマルチテナントのシステムや、複数部門が混在するプライベートクラウドシステムにおいて、テナントごとに分割したLPAR上で、「Hyper-V」を動作できるようにすることで、テナント間の独立性を保ちつつ、効率的なシステム構築を可能にする。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

高いと諦めていた、SAPの災害対策サイトをクラウド活用で実現 【インターネットイニシアティブ+他】 Create!Form 【インフォテック】 Create!Form 【インフォテック】 DNA塩基対の解析を高速化、ヒトゲノム研究の最前線を支える次世代インフラとは 【日本ヒューレット・パッカード】 Cisco UCSで構築するハイパーコンバージド、そのベストプラクティスとは? 【ニュータニックス・ジャパン】
IaaS/PaaS 帳票管理システム 帳票管理システム 垂直統合型システム 垂直統合型システム
災害対策の重要性は理解していても、SAPのような大規模システムではどう着手してよいか分からないという企業は多い。クラウドを活用し、コストを抑えたDR手法を紹介する。 低コストで耐障害性・安全性を強化、天野実業に学ぶ帳票基盤のクラウド移行 請求業務時間を2日間から数時間に短縮。IBM i環境の帳票オープン化の効果 DNA塩基対の解析を高速化、ヒトゲノム研究の最前線を支える次世代インフラとは Cisco UCSで構築するハイパーコンバージド、そのベストプラクティスとは?
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20044344



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ