日本IBM、SAPアプリケーションの統合基盤をIBMクラウドで提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、SAPアプリケーションの統合基盤をIBMクラウドで提供


掲載日:2013/01/28


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は、SAPアプリケーションを使用した企業の業務システムを短期間に適切なコストで構築・運用するための統合基盤をPaaS形式のクラウド・サービスにした「IBM SmarterCloud for SAP Applications R1.1」の提供を2月18日に開始する。

 「IBM SmarterCloud for SAP Applications」では、SAP Business Suiteを使用した業務システムを構築するための統合基盤が、自動化・標準化された構築支援や運用管理のサービスとあわせて提供される。クラウドの特性を活用して、システムへの初期投資や所有費用を抑えることでコストの最適化を図れ、柔軟・迅速な開発・本番環境を導入することで作業期間の短縮を図れるため、業種や業態を問わず、経営変革を迅速に進めたいユーザに適している。

 クラウド環境と、そのサービス管理やセキュリティ機能を提供するIBMのマネージド・クラウド・プラットフォーム「IBM SmarterCloud Enterprise+(SCE+)」を活用している。「SCE+」の特徴の、仮想サーバ、オペレーティング・システム(OS)、ミドルウェア、ストレージ、ネットワークなどインフラ層の運用・管理機能に加え、その上で稼働するシステムの運用やDBの管理など、SAPアプリケーションを使用した業務システムに必要な基盤の要素を統合することで、高い可用性と業務継続性が提供される。また、SAPアプリケーションを使用したシステムの構築や、DBのリフレッシュ、既存システムのクローンの作成など、自動化・標準化されたプロビジョニングやサービスのメニューで作業の効率化を支援する。クラウドは、IBMがグローバルに展開するクラウド・センタから適切な場所を選択でき、システムの導入・管理・運用は、専用のWebポータルを通じてリモートで行なえる。

 月または年単位のサービス契約に基づいて提供される。サーバ・ストレージなどのシステムインフラ、OS・運用管理などのソフトウェアと、SAPアプリケーションを使用したシステムの運用がクラウド・サービスとして一括で提供される。また、オプション・メニューで、リソース追加や運用サービスを、必要に応じて選択・追加できる。サーバ・プラットフォームは、IntelベースまたはPowerベースを選択できるほか、運用状況や障害状況を確認できる専用のWebポータルや、サービスヘルプデスクが提供される。なお、SAPライセンスは別。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「IaaS/PaaS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IaaS/PaaS」関連情報をランダムに表示しています。

「IaaS/PaaS」関連の製品

Oracle Cloud Platform 【日本オラクル】 スマホアプリやゲーム開発など6つの成功事例に学ぶ「IaaSこだわりの選択法」 【楽天コミュニケーションズ】 「クラウドはムリ」と諦めていた、企業システムのためのIaaS 【日本オラクル】 クラウドの3つの実装モデルはどう選ぶ? 最適なワークロード配置の見極め方 【インテル】 IBM i上の基幹システムをクラウドへ移行する5つのポイント 【日本情報通信】
IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS
要チェック!差別化が進むパブリッククラウドサービス最先端 「予想以上の安定感で、コストメリットも満足」 IaaS移行、6つの成功事例 パブリッククラウドへ移行したいが、性能やライセンス、セキュリティ課題が原因で移行できないシステムはないだろうか。こうした壁を取り払う「第2世代のIaaS」とは。 クラウドの3つの実装モデルはどう選ぶ? 最適なワークロード配置の見極め方 長年にわたり「IBM i(AS/400)」で運用し続けてきた基幹システムは、まさに自社の業務ノウハウの結集だ。経営に欠かせないこの重要資産を今後も生かしていく道とは。

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20044342


IT・IT製品TOP > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ