GRANDITなど、グループ経営管理を支援するソリューションを発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


GRANDITなど、グループ経営管理を支援するソリューションを発表


掲載日:2013/01/28


News

 GRANDIT株式会社は、新日本有限責任監査法人/みずほ情報総研株式会社/株式会社ディーバ/NECネクサソリューションズ株式会社と連携し、Web-ERP「GRANDIT」を核にしたグループ経営管理ソリューション「GRANDIT for Group & Global」を発表した。

 「GRANDIT for Group & Global」では、“GRANDITコンソーシアム”が、グループ経営情報基盤構築の企画段階から参画し、実際のシステム構築から保守運用までを各パートナーが連携してワンストップサービスとして提供する。

 新バージョンで英語/中国語への対応を完了し、クラウド/オンプレミス環境で利用できる「GRANDIT」を核にしながら、グループ展開を考慮したシステム企画サービスや、グループ統合元帳/連結管理、海外拠点で活用するためのグローバルネットワークインフラを提供する。「GRANDIT」の導入は、海外展開ノウハウを持つコンソーシアムパートナーが担当する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

中堅医薬品・化粧品製造業向けERPパッケージ「JIPROS」 【日本電子計算】 Infor SyteLine 【日立システムズ】 IFS Applications 製造業向けソリューション 【IFSジャパン】 事例で見る、ERPの第三者保守への切り替えメリットとは? 【シーエーシー】 無駄な投資なく競争力を強化できる「業種特化型ERP」とは 【日立ソリューションズ】
ERP ERP ERP ERP ERP
中堅医薬品・化粧品製造業特化型ERP(販売・生産・原価)パッケージ。 世界中の組立型製造業のノウハウが蓄積された統合型基幹業務パッケージ。グローバルで標準化された同一システムを全世界の拠点で導入可能。4〜5ヵ月での短期導入を実現。 各種製造業(組立型/プロセス型)やエンジニアリング業向けERP。様々な生産方式、複数拠点管理、多言語に対応。プロジェクト管理も充実。随時拡張可能なコンポーネント型。 基幹系システムの保守は欠かせないものだが、コストは頭の痛い問題だ。ベンダー以外の事業者による「第三者保守」の可能性を、ユーザー企業の事例から探りたい。 商社・卸業の業績拡大にはERP活用が必須だ。しかし導入に失敗した、運用コストが膨らみ続けたといった経験はないだろうか。業種特化型ERPが従来の課題を解消に導くだろう。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20044332


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ