GRANDITなど、グループ経営管理を支援するソリューションを発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


GRANDITなど、グループ経営管理を支援するソリューションを発表


掲載日:2013/01/28


News

 GRANDIT株式会社は、新日本有限責任監査法人/みずほ情報総研株式会社/株式会社ディーバ/NECネクサソリューションズ株式会社と連携し、Web-ERP「GRANDIT」を核にしたグループ経営管理ソリューション「GRANDIT for Group & Global」を発表した。

 「GRANDIT for Group & Global」では、“GRANDITコンソーシアム”が、グループ経営情報基盤構築の企画段階から参画し、実際のシステム構築から保守運用までを各パートナーが連携してワンストップサービスとして提供する。

 新バージョンで英語/中国語への対応を完了し、クラウド/オンプレミス環境で利用できる「GRANDIT」を核にしながら、グループ展開を考慮したシステム企画サービスや、グループ統合元帳/連結管理、海外拠点で活用するためのグローバルネットワークインフラを提供する。「GRANDIT」の導入は、海外展開ノウハウを持つコンソーシアムパートナーが担当する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

3つの導入事例で学ぶ、ERPの海外展開を成功させるポイントとは? 【パシフィックビジネスコンサルティング】 基幹業務最適化ソリューション 「AvantStage」 【キヤノンITソリューションズ】 IFS Applications 製造業向けソリューション 【IFSジャパン】 FutureStage 商社・卸向け販売管理/財務会計・管理会計システム 【日立ソリューションズ】 サービス業やIT業に欠かせないプロジェクト単位の収支管理をどう徹底する? 【日本オラクル】
ERP ERP ERP ERP ERP
3つの導入事例で学ぶ、ERPの海外展開を成功させるポイントとは? 各企業の業務方式や運用形態に応じて、SuperStream、mcframe、FOREMAST、Asprovaといった導入実績多数の国産ERPパッケージを自由に組み合わせて利用できるソリューション。 様々な生産方式、複数拠点管理、多言語に対応。プロジェクト管理も充実。設備保全管理やサービス管理まで、幅広い業務に対応。クラウド型の導入や海外展開にも柔軟に対応。 パッケージとスクラッチ開発のメリットを併せ持つ、卸売業・商社向け『販売管理・財務・管理会計の統合ソリューション』。
事業モデルに応じ、テンプレートを提供可能。
サービス業やIT業に欠かせないプロジェクト単位の収支管理をどう徹底する?

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20044332


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ