NTTなど、生物のアルゴリズムを仮想ネットワーク制御技術に適用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTなど、生物のアルゴリズムを仮想ネットワーク制御技術に適用


掲載日:2013/01/28


News

 日本電信電話株式会社(NTT)は、国立大学法人大阪大学(大阪大学)、国立大学法人電気通信大学(電気通信大学)と共同で、生物学の知見に着想を得た“ゆらぎアルゴリズム”を仮想ネットワーク制御へ適用する事に成功したと発表した。

 同技術を適用する事で、事前に予期できない災害・重大な事故が発生した場合において、迅速にネットワークを復旧することが可能となる。

 NTTによると、ネットワークサービスの多様化や、様々なアプリケーションが普及する事で急激なトラフィック量の増減が発生し、また同一ネットワーク上で複数のサービスが提供されることから、サービスごとに安定したネットワークサービスを運用する事がBCP(事業継続計画)の観点からも重要視されている。これらの問題を解決するため、物理ネットワーク上に複数の仮想ネットワークをサービス単位で構築し、ネットワーク機能のカスタマイズや運用制御をすることが求められており、トラフィック量の突発的かつ不規則な変化に柔軟に対応することが必要であるとしている。

 そこで大阪大学が解明した“ゆらぎアルゴリズム”に注目し、NTTは“ネットワーク制御技術”、電気通信大学は“通信プロトコル”を各々の高いレベルの独自技術を融合することで可能にしたと伝えている。“ゆらぎ”とは生体がノイズを利用して複雑なシステムを頑強かつ低消費エネルギーで動かしている仕組みで、生体ゆらぎを人工物に応用してイノベーションにつなげる試みが、大阪大学を中心に展開されている。

 同制御技術を用いることで、仮想ネットワークが環境変化を察知し自律的かつ適切に経路を選択することが可能となる。今回の研究で、トラフィック量の急激な増減や大規模災害が発生した場合においても、状況に応じた最適化・ネットワーク復旧を図れることを実証した発表している。

 今後は、独立行政法人情報通信研究機構が開催するJGN-X広域実験イベントで輻輳解消実験から得られた知見などを踏まえ、実運用に必要な機能拡充や様々な条件での技術の実証を行なっていく予定としている。将来ネットワーク/新世代ネットワークへの適用を視野に入れ、2020年の実用化を目指して研究開発を進めていく。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

IT運用をなぜ自動化できないのか? 業務プロセスと解決策とは 【NTTコミュニケーションズ】 訪日客向け、ノウハウ不要で組み込める3種の観光案内機能とは 【駅探】 Hadoopをクラウドで実行すべき5つの理由 【ホートンワークスジャパン】 Hadoopはなぜ必要? 分析アーキテクチャ最適化4つのメリット 【ホートンワークスジャパン】 ビッグデータ時代の分析基盤はリアルタイム分析で好機をつかむ 【ホートンワークスジャパン】
運用系業務アウトソーシング 特定業種向けシステム データ分析ソリューション データ分析ソリューション ビッグデータ
IT運用を自動化できないのはなぜか? 成功に導く業務プロセスの特徴と解決策 訪日客向けビジネスの第一歩、ノウハウ不要で組み込める3種の観光案内機能とは Hadoopをクラウドで実行すべき5つの理由――ビッグデータ分析に向けた基本戦略 Hadoopはなぜ必要か? データ分析アーキテクチャを最適化する4つのメリット 進化が速い「Hadoop」に情シスはどう対応する? 解決の近道とは
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20044329



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ