I-Oデータ、Gセンサ搭載の耐衝撃ポータブルHDDを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


I-Oデータ、Gセンサ搭載の耐衝撃ポータブルHDDを発売


掲載日:2013/01/25


News

 株式会社アイ・オー・データ機器(I-Oデータ)は、Gセンサ(3軸加速度センサ)を搭載した耐衝撃ポータブルHDD「HDPD-AUT」シリーズを2月下旬に発売する。色はホワイトとブラック、価格は容量500GBが1万600円、1TBが1万4300円。

 「HDPD-AUT」シリーズは、ボディの外装部に熱可塑性ポリウレタンエラストマー素材、内装部にポリカーボネート素材を採用しているほか、内部4個所の衝撃吸収ダンパーによるフローティング構造により、落下の衝撃を緩和できる。

 更に、使用中に落としてしまっても搭載したGセンサが落下を検知してHDDの電源をオフにする(データ書込中に落下した場合は再接続後に再度書き込みが必要)ことから、持ち運びが多い用途に適している。また、米Acronis社のバックアップアプリ「True Image 2013」(Windowsのみ対応)を添付しており、バックアップ用途にも適しているとしている。

 通常のHDD領域と分けてデータを保存できる、仮想DVD-RW搭載している。ライティングソフト及びOS標準書き込み機能(Windows Vista以降に対応)を使って、ファイルをグループ化して書き込むため、書き込み後に個別のファイルを編集したり削除したりすることはできないが(ディスクを消去すると、再び書き込みできる)、よく使用するソフトやデータを仮想領域にライティングしておくことで、仮想ディスクとして利用したり、削除したくないデータの保存に適しているとしている。

 USB3.0/USB2.0に対応している。OSは、Windows 8/7/Vista(いずれも32・64ビット)/XP SP3以降(32ビット)、Mac OS X 10.6〜10.8(ソフトウェアの対応OSは異なる)。サイズは約幅84mm×奥行き120mm×高さ19mm、重さ約180g(いずれも本体のみ)で、各種取得規格・法規制はVCCI Class B、RoHS指令に準拠している。


出荷日・発売日 2013年2月下旬 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20044315


IT・IT製品TOP > ストレージ > 外付けHDD > 外付けHDDのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ