日本HP、連携型重複排除バックアップを拡充、LTO6対応製品も発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、連携型重複排除バックアップを拡充、LTO6対応製品も発売


掲載日:2013/01/25


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は、連携型重複排除バックアップソリューション「HP StoreOnce Catalyst」のラインアップを強化したほか、LTO(Linear Tape-Open)の第6世代“LTO6”に対応した高速大容量テープバックアップ製品「HP StoreEver LTO6 Ultriumファミリ」を発売した。

 「HP StoreOnce Catalyst」では、アプリケーションサーバ/バックアップサーバ/バックアップアプライアンスのいずれか、適材適所でデータの重複排除を行なえる。アプライアンスとソフトウェアが連携して動作することで、データを再構成せずに、システム全体にわたる重複排除処理/データ移動/スケジューリングを一元的に制御できる。今回、ミッドレンジ向けアプライアンス「HP StoreOnce 4400」「HP StoreOnce 4200」とエントリー向け「HP StoreOnce 2600」が発売された。バックアップ性能はそれぞれ、最大毎時10.8〜12.5TB、2.2TB、1TBで、デバイス容量はそれぞれ、最大76TB、18TB、2.5TBまで拡張できる。

 「HP StoreEver LTO6 Ultriumファミリ」では、LTO6に対応したことで、カートリッジあたりの最大容量が6.25TB、最大転送速度がドライブあたり毎時1.44TB(いずれも2.5:1圧縮時)に向上している。また、休止モードを搭載し、省電力化が図られている。テープをディスクのように簡単に使える機能“Liner Tape File System”(LTFS)に対応しているほか、改ざん防止や情報漏洩対策としてWORM(Write-Once,Read-Many)と暗号化に対応している。単体のテープドライブからエンクロージャー、オートローダー、ライブラリ製品まで様々なラインアップが用意されている。


出荷日・発売日 2013年1月24日 発売
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20044303


IT・IT製品TOP > バックアップ > その他バックアップ関連 > その他バックアップ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ