IUEC、データ復旧ソフトの新版で壊れかけたHDDの認識制御を改良

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


IUEC、データ復旧ソフトの新版で壊れかけたHDDの認識制御を改良


掲載日:2013/01/25


News

 有限会社IUECは、壊れかけたドライブ(HDD)の認識制御を改良し、SSDに対応した、データ復旧ソフトウェア「FromHDDtoSSD Ver2.1 Build:1682」をリリースした。

 今回の「Build:1682」では、“ヘッドレストレーション+SSD”機能により、状態が厳しく今にも壊れそうなSSDでも、直接論理解析(データ復旧)にかける故障リスクを低減できる。そして、セクタイメージを安全(正常)なドライブへ転送してから、何度でも、納得できるまで論理解析を実施できる。また、セクタイメージ転送先にはHDDを利用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「その他ストレージ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ストレージ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ストレージ関連」関連の製品

アサヒグループの共通基盤にオールフラッシュストレージを採用、5年間のTCOを63%削減 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 フラッシュ導入で期待通りの点と期待外れの点は? 1000人に聞いた実際の効果 【日本ヒューレット・パッカード】 知っていますか? オールフラッシュを企業で使う場合の必須機能 【日本ヒューレット・パッカード】 ビッグデータ時代のストレージ選び、ポイントは「拡張性とリニアな性能向上」 【ピュア・ストレージ・ジャパン】 HPC環境のボトルネック、ストレージが抱える課題を解決する方法とは? 【ピュア・ストレージ・ジャパン】
その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連
アサヒグループの共通基盤にオールフラッシュストレージを採用、5年間のTCOを63%削減 フラッシュ導入で期待通りの点と期待外れの点は? 1000人に聞いた実際の効果 HPEは新興企業の買収を含め、ストレージへの積極的な開発投資を進めている。競合がひしめく市場で、ハードの強みを生かしてきた同社が、今後注力する分野はどこか。 ビッグデータ時代のストレージ選び、ポイントは「拡張性とリニアな性能向上」 HPC環境のボトルネック、ストレージが抱える課題を解決する方法とは?

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20044294


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ